ホンダ・レッドブルF1誕生!2019年から2年間エンジン等供給

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。
藤ととちゃんです。

いよいよ動きましたねー

ビックチームが誕生となるか?
ぜひ、頑張ってもらいたいです。



ホンダ・レッドブルF1が誕生。2019年から2年間のパワーユニット供給で合意

ホンダは6月19日、F1に参戦しているレッドブル・グループと、レッドブル・レーシングに対する2019年シーズンから2年間のパワーユニット供給について合意したと発表しました。

2018年はレッドブルのジュニアチームであるスクーデリア・トロロッソにパワーユニット(PU)を供給しているホンダ。2019年からはトロロッソに加え、レッドブルにもPUを供給することになり2チーム4台ヘ支援を拡大する。

レッドブルは、2007年からルノー製エンジンを搭載してきたが、新パワーユニットへの規則変更後、信頼性や性能面で不満を募らせ、ルノーとの関係は悪化しつつありました。




2016年からはアストンマーチン名義でルノー製PUを搭載してきた。

「2018年シーズンからパートナーシップを開始したトロロッソに加え、2019年からは新たなパートナーとして、アストンマーチン・レッドブル・レーシングを迎えることになりました」と語るのは本田技研工業株式会社の八郷隆弘代表取締役社長。

「来季は2チームへPUを供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップに繋げることができます。また、なによりもレッドブル・レーシング、トロロッソ、両チームと強力なパートナーシップを築くことにより、我々の目標である勝利へさらに近づくことができると思っています」

「今回の契約は非常に短い期間で決定しましたが、2つのチームとホンダが対等となるパートナーシップの締結に際し、レッドブル・グループの我々に対するオープンかつ公平な姿勢に感謝しています」

「また、いつも熱い応援をいただいているファンの皆様には、我々の新たな挑戦にさらなるご声援をよろしくお願い申し上げます」




レッドブル・モータースポーツアドバイザーのコメント

レッドブル・モータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコは「今回のレッドブル・グループとホンダのパートナーシップ締結は、レッドブル・テクノロジーにより統括されるふたつのF1チーム、レッドブル・レーシングとトロロッソにとって、新たな時代の幕開けと言える」とコメント。

アストンマーチン・レッドブル・レーシングのチーム代表のコメント

アストンマーチン・レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「今回締結したホンダとの2年契約は、アストンマーチン・レッドブル・レーシングにとって、チャンピオンシップタイトルの獲得に向けた、エキサイティングなステージの幕開けを意味している」とコメント。

楽しみな展開ですねー

でも、関係者の一部にはまだ契約は早い時期だったのでは?と疑問を投げかける方も・・・



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする