【驚愕の確率】宝くじのあたる確率と飛行機が墜落する確率を比べた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

みなさんは宝くじは好きですか?

恒例行事として「夢を買う」って人も多いんじゃないでしょうか?

「買わなきゃ当たらない」とも言われますよね。

じゃあ、その宝くじの当選確率ってどのくらいなんでしょうか?

比較対象として、まったく当たりたくない確率・・・

飛行機の墜落する確率と比較したいと思います。




飛行機が墜落する確率は驚くほど低い!

日本よりも飛行機を良く使う国といえばアメリカですね。

アメリカの国家安全運輸委員会(NTSB)という公的機関の発表だと

飛行機に乗って墜落する確率は0.0009%だそうです。

この0.0009%というのは全世界の航空会社の平均値だそうです。

では、飛行機文化がかなり広まっているアメリカの航空会社の平均値は・・・

0.000032%とされています。

すごい低確率ですよね・・・

それだけ安全を意識している乗り物だと言えます。

日本の場合はどうでしょうか?

日本国内の航空会社の確率は分からないのです・・・

でも、仮に米国とそう変わらないものだと考えて計算してみます。

日本の航空会社の場合

日本の航空会社の旅客機利用者数は約9890万人だそうです。

「日本の航空会社を使用する海外線旅客数の割合は約30%」という解析もあるので、全体数をを計算すると、約1億1310万人となります。

日本人の総人口を1億2千万人くらいです。

日本人が1年で日本国内の航空会社を利用する平均数:0.824回

日本人が1年で日本国外の航空会社を利用する平均数:0.270回

かなり少ないですよね・・・

さらに、日本人が80年飛行機に乗り続けて墜落事故に遭遇する確率も考えました

なんと・・・

0.02%

0.02%の確率で飛行機が墜落するということです。

意外と高い数値にビックリかもしれません。

しかし海外、特に発展途上国ではアメリカや日本よりも高い頻度で飛行機が墜落しています。

なのでこのような高い値になるのも納得かなと思います。




ジャンボ宝くじ 1等当選確率は・・・

では、比較対象となった宝くじ1等の当選確率は・・・

0.00005%

がーん

1/20000000ですよ

もう、天文学的な数字です。

ちなみに、日本人が一年間で購入する宝くじの平均枚数は・・・

12.86枚だそうです。

宝くじは18歳未満は買えないというルールがあるので・・・

80歳になるまで、宝くじを買い続けるとします。

62年間買い続けるという感じですね。

その時、一等の当選する確率は・・・0.008%

ガーン

現実って厳しいですね。

約3倍くらいの差で墜落事故にあう方に当選します(汗)

完全に飛行機が墜落事故に遭遇するほうが高い確率です

非常に厳しい現実ですね。

統計だけでは「運」的な要素は加味されませんが、信頼性はかなり高いと思います。

買わなきゃ当たらない宝くじ

乗らなきゃ落ちない飛行機

どちらもその通りだと思いますが・・・

双方とも限りなくゼロに近い確率ということに間違いはないでしょう。

ちなみにジャンボ宝くじは1枚300円ですね。

当選確率などから計算した「期待値」は34円です。

一枚34円の価値のものを300円で購入しているんですね・・・

あー、現実は恐ろしい・・・

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする