【一攫千金を狙う】バレンタインジャンボの当選確率はどのくらい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。

みなさん、宝くじとか好きですか?

くじ運に任せて、一攫千金を狙う

吉日に運を託して、一攫千金を狙う




夢を買うんだ!!

良いと思います。

でも、どのくらいの確率で当選するって知っていますか?

その確率と同じ確率の出来事って知ってますか?

ちょっとひも解いてみましょう!!




旧グリーンジャンボからの変更点

2018年から名称変更した宝くじ

「バレンタインジャンボ」

1等賞金 2億円

1等前後賞 各5000万円

合せて3億円ってのがウリの宝くじ

夢ありますね!! ちなみに1枚300円です。

ネットで購入もできるようになった宝くじとなります。

発売期間 2019年 1月30日から2月22日まで

当選発表は2019年3月5日




今回のバレンタインジャンボ購入に吉日とされる日は?

大安吉日

2月9日 15日 21日

一粒万倍日

2月9日 14日 21日

天赦日

2月10日

さて、聞きなれない一粒万倍日ってなんでしょか?

これはお金が何倍にも増えて膨らみますよって日がこの一粒万倍日

膨らむよ!!

じゃあ天赦日は?

年に5、6回しかない最高の吉日だそうです!!

もう、ラッキーしか想像できない!!




バレンタインジャンボの一枚当たりの期待値など・・・

ここからは、非常に現実的な話です。

先に書いたように宝くじは1枚300円。

そこに当選確率が絡んできます。

一枚当たりの期待値っていくらぐらいか知っていますか?

年末ジャンボとバレンタインジャンボの大きな違いは増版されないされないという事。

・00組~99組の100の組数

・100000から199999の10万の番号

1ユニット1,000万通りが12ユニット販売




1等2億円の当選者は12人です

1ユニット=1000万通りの中から当選者が1名になります。

なので、1等2億円の当選確率は1/10000000

1000万分の1の確率になります。

がーん(汗)

2等以下の当選額とその確率は上の表にまとまっています。

賞金総額は172億1880万円です。

発行した宝くじが全部完売したとすると360億円になります。

ということは1枚当たりの期待値(価値?)は約143円になります。

えっ?って思うでしょう(汗)

300円で購入した時点ですでにくじの価値は約53%に減っているんですね・・・

わかりやすくものに例えると・・・・

1万円で買った洋服、買ったその足で買い取り店にもっていくと4700円買取ですよ

ってことです。

宝くじ、買った時点で一口300円の価値はないんですねー

いかにくじで夢をつかむのが難しいのかわかる例だと思います(汗)

でも、リスクヘッジだけを意識しても一攫千金を狙うことはできません(笑)

その一枚300円で買った147円の価値しかないくじがどうしたら2億円になるのか?

考えてみましょう・・・




確率論じゃ語れないけど、結構ハードル高い

よく言われるのが雷にあたっても生きてる確率ですね。

でも、そうそう雷にあたった人っていないでしょう?

そう、その位レアな事が1/1000万の確率なんですね。

でも、普段の生活で例えるならば・・・・

買い物や勤め先から帰ったとします。

さくさく歩いて、交差点を歩いて渡ってきました。

今日は運がいいなぁ、いつもの交差点5か所全部青信号で渡れたよ。

この際、青信号と赤信号の時間が1:1だとします。

1/2の5乗になるので・・・確率は3%です。

さて、ここから逆算。

確率1/1000万となるには交差点を青信号で何個連続で渡れることになるでしょうか?

それは23個です




まとめ

バレンタインジャンボ1等の当選確率は、一度も止まらず交差点を青信号で連続23か所渡れるのと同じ確率

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする