【一攫千金を諦めるな】スクラッチ宝くじ当選確率がマジでヤバイ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。

昨日書いた、バレンタインジャンボ宝くじの話。

かなり好評をいただきました。どうもありがとうございます。




やはり夢やロマンを追って、一儲けできるかもしれない話題は楽しいですね。

いま、宝くじとして発売されているものは大きく分けて2種類あると思います。

・買ってから当選抽選日まで待つタイプ

・買ったらすぐに当選か否かが分かるタイプ

今日は後者の買ったらすぐに当選か否かが分かる「スクラッチ」というタイプのくじについて書こうと思います。

もちろん、当選確率を身近なイベントのたとえにしたいと思います。




最近のスクラッチくじは沢山の種類があります

スクラッチタイプの宝くじは発売当初は2種類のみだったんですね。

・一等 100万円 1口200円のくじ

・一等 1000万円 1口200円のくじ

今もこの配当パターンのくじは発売されています。

しかし、配当パターンがもっと多くなっているんですね。

例えば、1等が5万円のくじもあります。

一等1000万から5万円までの当選確率は以下の通りです。

1000万円    1/1,000,000
300万円    1/500,000 or
   1/100,000
100万円    1/125,000
50万円    1/25,000
   1/20,000
5万円    1/1046
   1/5000

でも、スクラッチって当たりやすいくじなんでしょうか?




これがスクラッチくじの当選確率

以下の表が1等 100万円のスクラッチくじの各等の当選確率です。

当選金額 本数 確率
1等 1,000,000円 100本 1/125,000
2等 100,000円 300本 1/41,667
3等 20,000円 3,000本 1/4,167
4等 2,000円 221,600本 1/56
5等 1,000円 221,600本 1/56
6等 200円 1,250,000本 1/10

各等の当選本数はイベントによって変動するので、すべてこのパターンではないです。

しかし、なんとなくイメージするにはこの表がベースになると思います。

次に 1等 1000万円のスクラッチくじの各等の当選確率です

当選金額 本数 確率
1等 10,000,000円 15本 1/1,000,000
2等 50,000円 300本 1/50,000
3等 5,000円 15,000本 1/1,000
4等 500円 1,500,000本 1/10
5等 100円 3,000,000本 1/5

一気に高額当選の壁が高くなったような気がします・・・

ジャンボ宝くじの1等当選確率は1/1000万なので・・・

1等 当選確率が1/12万5千から1/100万のスクラッチだとあたりやすい気がします。

確率論だと、ジャンボ宝くじより確かに高確率で当選できるといえます。

しかしスクラッチには大きな落とし穴(笑)があるのです。




発売所でかわる当選率!!

スクラッチくじって全国共通で売られているものではありません。

地域によって

・1等の当選本数

・当選金額

・くじの種類がそもそも違う

北海道にいると、隣の都府県までくじを買いに行くということは大変です。

しかし、県境に住んでいたり、移動が可能って方はぜひ隣県のスクラッチを購入してみると良いと思います。

宝くじの定説でもありますが、当選金額が高額になると、当選確率もきつくなるという傾向は変わりません。

1等当選確率をわかりやすくとらえてみよう!

1等 1/100万の場合

初恋の人と結婚する確率とほぼ一緒です(笑)

あとは、蚊に刺されて死ぬ確率とほぼ一緒です(汗)

あとは、プロ野球選手と結婚する確率とほぼ一緒です(笑)

1等 100万円の当選確率1/125000の場合

地震で死亡する確率が1/130000なので、100万円の方が当たりやすいです

エベレスト登頂中に死ぬ確率が1/100000なので、それより難しいことです。

サイコロの目で1を5回連続でだす確率とほぼ一緒です。

いかがでしたか?




最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする