1杯でお腹一杯!濃厚さが魅力の油そば専門店「たおか」がおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。




北国は週末、天候に恵まれて各地区の小学校では運動会が開かれていました。

藤ととちゃん家の近所の学校でも運動会が開かれました。

そんな藤ととちゃん、週末はびっしり勤務だったんですけどねー(汗)

さて、今日は怒涛の麺類シリーズ。

藤ととちゃんは数年前に初めて食べました。

とっても衝撃的で、お腹いっぱいになるボリューム満点なメニュー。

きっとハイカロリーで、食べた後は罪悪感が出ます(笑)

でも、また食べたくなる魔性の一杯

「油そば」に注目です!!




札幌の油そば専門店「たおか」

油そばは、元々はスープがありません。

厳密にいうと少しありますが(笑)

元々は東京あたりの大学生がたくさんいる地区で「安くて、お腹一杯になる。」というイメージから発祥したメニューだそうです。

地域や店によっては汁無しラーメンとか、手抜きラーメンという風にラーメンの1種とされていましたが、今や1つのジャンルとして馴染んだのではないでしょうか?

そんな油そばは、札幌にも数件の専門店も出来るようになり、今回そのうちの1つ、「たおか」のメニューを小話にしようと思います。

たおかのメニュー構成は至ってシンプル。「麺と油に、ネギ・チャーシュー・のり・メンマ」という基本セットに好きな具材をトッピングしていくやつです。

 

もちろんそのままの基本の組み合わせでも美味しく食べれますが、そこに白髪ねぎや温泉玉子、チーズなどをトッピングし、自分のお好みに仕上げていきます。

この自分好みに仕上げれるってのが良いんですよねー

こんな感じ。

今回は書くのは基本メニュー「たおか盛(950円)」の大盛+温泉たまご。

「たおか」では大盛までは無料でやってくれる。

これもうれしいサービスです!

温泉玉子を加えることで、玉子が麺に絡み更に濃厚さが増します。

マイルド感もパワーアップ!




とことん混ぜると魔境へ突入できます

油そばはこのまま食べることはでききません。ここからが美味しく食べる技術が必要になります。

提供された時点では麺と油は一切混ざっていないんです。

お酢とラー油、ゴマをかけて自分で混ぜ合わせます。量は適当。

各テーブルにお酢、ラー油、ごまなどが設置されており、まずは好みでぶっかける。量はお店に目安が示されています。

あとはさっぱりしたいのか、辛いのがいいか・・・その辺で調整します。

麺の底に味の源「あぶら」が隠れています。

これを、見た目を気にせずに豪快に混ぜるわけだ。

もうジャカジャカ混ぜ合わせます。




チャーシューが隠れてしまっても気にせず混ぜまくれ!

ここでしっかりと油と麺を絡ませないと、味にムラが出来てしまうので、とにかく混ぜる!

ちなみに「あぶら」が少ないと感じたら、店員さんに言うと追加してくれます。

そして混ぜ終わってゴマを振りかけます。

混ぜた後なので見た目は決してきれいではないが、食べた事ある人なら、出された時の写真よりずっと旨そうに見えるはずです(笑)

ここで追加した温泉玉子によって出来るこの玉子の絡みが、更に油そばを濃厚、マイルドなものにしてくれる。

そしてこの麺に絡まった油。見ているだけで・・・

うまそー!!

そして、一気呵成に食べつくします。

藤ととちゃんはたおかの油そば大盛でかなり十分満腹になれる。

ボリューミーって感じ。

なんで、あまりたくさん食べれないって人は普通盛りでも十分満足できるはず!!

この至福の混ぜ混ぜを体験してみませんかー?

ラーメンもいいけど、たまにはこういうメニューも楽しいし、満腹になります!

店舗情報はこちら

所在地 :札幌市豊平区平岸2条7丁目4-28
営業時間:11:00~24:30
定休日 :無休
駐車場 :向かいの駐車場利用で100円引き

今日の小話はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする