【全世界が感動】世界一日本のトイレがきれいという評判のワケは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。

もう少しで連休になりますね。

特に、今年は超大型連休になります。

レジャーや観光、帰省などで予定が決まっている方も多いでしょう。

そして、外出中に気になることといえば・・・

トイレ

特にお子さんがいる家庭や、親御さんとお出かけするときには

トイレポイントの確認が重要ですね。

そんな、日本のトイレ事情。

世界一きれいだという日本のトイレ。

いったい、どのポイントが世界一なんでしょうか?




日本じゃデフォルト 世界じゃレアのウォッシュレット

日本以外であまり普及していないという「ウォシュレット」

世界のセレブや有名芸能人もウォシュレットの虜になっているようです。

ちなみに「ウォシュレット」はTOTOの、「シャワートイレ」はINAXの登録商標だそうです。

トイレの後、洗い流すという発想はあっても、それを技術的に開発し、当たり前に使えるものとした日本の技術力ってすごいと思います。

座ってもヒヤっとしない!温かい便座!!

ウォシュレット付きトイレにセットで備わっている事が多い、便座の温め機能。

Iいわゆる、温便座です。

この機能にも驚きを隠せない外国人の方はとても多いです。

一方であまりに多機能となって、ボタンが多すぎて何が何だかわからない、トイレにもマニュアルが必要などと、戸惑うような声もありました。

特に屋外の公衆トイレ、座ったとたんにヒヤっとしてびっくりした経験は誰でもあると思います。

このびっくり体験。

日本以外だと、当たり前だって知っていました?

逆に外国の方は、温かい便座にびっくりするそうですよ。

最近は便座の温度設定、洗浄用の温水温度設定、水勢設定などの細かな設定ボタンやパネルの操作がわからないという問題が発生することもあります。




極上のふんわり感 トイレットペーパー

日本では当たり前のように使っている柔らかなトイレットペーパー。

でも海外の物はごわごわで固い物ばかりでおしりにあまり優しくないようです。

また、日本ではトイレに使用済みの紙を流すのが当たり前と思っていますが、海外では固く溶けにくいトイレットペーパーが多いため、トイレには流さず、備え付けのボックスなどに捨てる方式です。

このトイレに流せるトイレットペーパーは、諸外国からの観光客が驚くポイントだそうです。

自国だと「トイレが詰まるから、絶対に流すな!!」といわれていたはずです。

それが、日本にきたとたん、トイレ後はじゃんじゃん流します(笑)

また、ふんわりした拭き心地のトイレットペーパー。

なんというか、日本のトイレは優しいというか、お尻へのケアや思いやりが半端じゃありませんね(笑)




一番のポイントは非常にきれいなトイレ環境

設備面だけの話をしましたが、一番のポイントは「清潔」「きれい」なトイレ環境だと思います。

公衆トイレでも、清掃間隔は諸外国の何倍です。

ショッピングモールなどの商業施設では、トイレの清掃・整備間隔はさらに多くなります。

きっと、日本人はトイレは汚いものを排泄するという感覚が強いのかもしれません。なので、その汚さを目立たなくするために、環境を整えたり、自分以外が使うときにも深いな思いをさせないという「思いやり」が山盛りになっているのが日本のトイレかと思います。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しみずはやと より:

    最初の方のトイレの欄で
    正解一きれいだという日本のトイレ ではなく
    世界一 だと思います。

    ブログ記事ありがとうございました。

    • 藤ととちゃん より:

      コメントありがとうございます!!

      記事の誤字、お知らせしていただき助かります。
      ありがとうございます。

      また読みにきてきださいね!