【違和感感じる】最近の女子、一人称の使い方で潜在心理が露わに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

みなさん、自分の事は何て呼びますか?

「俺」「自分」「私」などなど

男女の性差はありますが、女子の一人称の多様性についていけない藤ととちゃんです。

そんな一人称の言い方からその人の潜在心理がわかるとしたら・・・

知りたいでしょう。




一般的に言われる一人称

・私

男性の場合

仕事で使うのが一般的な呼び方なので、普段から使う人は、仕事がデキる人、大人っぽいと思われたい願望があると言えるでしょう。

女性の場合

女性の場合は一番無難な呼び方で、真面目な印象を与えるので、控えめな性格を現わしていると言えるでしょう。

・自分

男女共通項目

体育会系なイメージがありますが、上下関係に厳しく敏感なため、繊細な性格の持ち主と言えます。対象を同等以上に見ているという事でもあり、控えめな性格とも言えますね。

また、学術論文などではこの表現がデフォルトかもしれません。

・僕

男性

幼さが残った印象がある呼び方で、未熟な部分があり、甘えん坊タイプだと言えます。

女性

女性らしくと言う事に抵抗があるタイプ。女性だから守られたいというポジティブな心理ポジションとも言えます。そのような場合、男性のような言葉を使う場合があります。女の子扱いされるのを嫌がる傾向があり、いわば、特別感を感じたいと言う心理があると言えますね。

・俺

男性

フランクで遠慮がない間柄で使う事が多いので、気を使わないで素のままの自分を出していると言えます。その分、失礼な事なども言い、土足で他人の心に入り込む事があるので極端です。自分で使う場面を選択するスキルが必要です。

女性

上記の「僕」とほとんど同じですが、こちらの方がより男性性を強調し、女性として扱われる事や、女性らしさを嫌がる傾向があります。しかし、心もまで男性なわけではなく、男性を近づけさせないためのバリアを張っているという側面があるのかもしれません。

最近流行?の言い回し

・自分の名前

自己の確立がちゃんとできてなく、精神的に幼く他人に依存しやすいタイプだと言えます。
自分と他人との区別がその人の人格ではなく、名前で区別している事もあり、他人の影響を受けやすいタイプです。

・わし

方言で使用する要素がかなり強い言葉ですね。

これは「方言のある地域での使用」と「それ以外の地域での使用」に分かれます。

その方言のある地域以外で使う場合に大きな潜在心理が見え隠れします。

「わたし」のた抜き言葉で「わし」に変形する場合もありますが、わしという言葉がすでに確立している現代では、別側面の言葉の意味があります。

それは・・・

自己の本心とは別のキャラクター的な要素を演じているという心理が考えられます。

本心をストレートに伝えるのは勇気が必要とも言えます。

じぶんの感情をあらわにしたくない時自分の心理変化が恥ずかしいと思うときに、あえて普段使わない呼び方で軽口を言い、本心を上手く隠したまま伝えると言った時などに使う事があります。

サクッと一人称の言い方を観察するだけで、対象の心理がなんとなくわかるかもしれません。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク