【レンタカーの達人】大手レンタカーと格安レンタカーの違いはコレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんは。

藤ととちゃんです。

観光シーズンの北海道。

たくさんの見所、スポットがあります。

そんな広い大地、北海道で観光するに便利な乗り物がレンタカー。

レンタカー会社もたくさんあります。

しかし、同じ車種や車格、レンタル期間が一緒なのに

利用する会社によって、かなり値段が変わります。

大手ディーラー系のレンタカー会社と価格で勝負の格安レンタカー。

いったい何が違うのでしょうか?




新型車に乗りたかったら、大手のレンタカー会社を選ぼう

大手ディーラー系のレンタカー会社の最大の強み。

それは「新型車」をレンタカーにラインナップしていることでしょう。

コンパクトカーから大型ミニバンまで。

たいていの車種が新型車になります。

※ハイシーズンで車両が不足する場合、旧型が配車される場合もあります。

確実に新型車をレンタルしたい場合、予約時にその旨を説明するといいでしょう。

しかしその分、利用料金はかなり高くなります。

新型車種だとナビやかーオーディオなどの車両装備とスマホの接続が非常に簡単に、スムーズにできます。

なので、音楽のストリーミング再生なども簡単にできます。

ネットにも接続が可能な車種やグレードもあり、車両のモニター画面で、旅仲間で情報が共有できます。

こりゃ、便利だねって感じです。

あとは当然といえば当然なんですが、確実に禁煙車を選択することも、ペット禁止の車両も選択できます。

レンタカーは不特定多数の人が利用しますよね?

なので、体の触れる部分はどうしてもヤレというか、いたみがわかりやすいです。

新型車だとその辺の使用感が希薄でしょう。

そのほかには旧型車より燃費がいいとか、安全だとかという話ですが・・・

燃費はアイドリングが長くなりがちなレンタカーだと、車両の新旧で変わるより、乗り手で変わりますし、安全性も大きな違いはないでしょう。

格安レンタカーの一番の強みは価格!

格安とうたっているので、一番の長所は「価格」でしょう。

大手レンタカー会社の料金と比べると半額というのも珍しくありません。

時期や曜日によっては半額以上で借りれると思います。

はたして、なぜそんなに安い料金設定ができるのでしょうか?

整備をケチっている?

今のレンタカー会社でそれはありえないでしょう。

整備をケチって、ないかしらの事例が発生した場合。

かなり大きな損害を受けるでしょう。会社が傾くかもしれません。

そんなリスクをおかしてまで運営するメリットがまったくありません。

一番の大きな理由は使用している車両が最新型ではないということでしょう。

新型ではないということは、いわゆる中古車を使用しているということ。

大手レンタカー会社から払いさげされた車両を使っている場合もあります。

大手が新型車を入れ替えるサイクルは思いのほか早いのです。

また、ちょっとマイナーな車両を使っている場合もあります。

レンタカーの入手コストが安いと、価格も安く設定できます。

また、車両の装備が贅沢ではない場合があります。

先ほど書いたようなスマホとの接続が、ちょっと旧方式だったり、モニターが大きくなかったり・・・

払い下げ後に禁煙車両になったものもありますので、車内クリーニングや消臭作業で対応した禁煙車両もあります。

また、ナビゲーションの地図がちょっと古かったりします。

まぁ、ナビの地図などはグーグルマップなどで十分対応できますよね。

シートやドアノブにはやや使用感があると思いますが、破れていたりすることはないでしょう。

それこそ、価格は安いけど、シートが破れている車を取り扱う会社のイメージのほうが悪くなると思います。

借りる際は自分の気持ちを優先して!

旅先で心地よく移動できないと、旅行自体が苦痛になります。

レンタカーを利用するときは、自分や旅の同伴者と相談して、気持ちが優先されるレンタカーを借りたほうがいいでしょう。

新型車で心地よく移動するのか、安いレンタカーで浮いたお金を観光費や宿泊先のアップグレードに使うのか・・・

いろいろな活用方法がありますよね。

でも、大手でも格安でも一番大事なのは「安全運転」です。

ドライバーの皆様は注意してくださいね。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする