<はやぶさ2>目的地の小惑星リュウグウ上空20キロの地点に到着

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。

日本の宇宙開発もいよいよって段階ですね。

予定通りに目標地点に到着です。

お土産も持って帰る予定なので分析が楽しみです。

もしかして、大発見があるかもしれません!!



<はやぶさ2>目的地の小惑星リュウグウの上空20キロの地点に到着

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が27日午前9時35分、地球から約2億8000万キロ離れた目的地の小惑星リュウグウの上空20キロの地点に到着した。リュウグウ表面を詳しく観測して着陸地点を決めた後、10月ごろに最初の着陸を試みる。

ここに到着したそうです。

とっても寒いんでしょうねー




はやぶさ2はリュウグウの岩石を採取し、2020年末ごろ地球に持ち帰る予定。リュウグウは生命の材料となる有機物を比較的多く含むと考えられており、太陽系の成り立ちや生命の起源に迫る計画。

はやぶさ2は10年に世界で初めて小惑星の試料を地球に持ち帰った探査機「はやぶさ」の後継機で、14年12月に打ち上げられた。

すごいなー

6年の歳月かけて、やっと到着です。

宇宙の規模がどれほど大きいかわかりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする