大麻容疑ラッパーC Jamm、在宅起訴「音楽創作活動に役に立つ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。
藤ととちゃんです。

また、麻薬がらみの事件です

近隣外国の話ですが・・・

切れない縁なのかもしれません・・・




“大麻容疑”ラッパーのC Jamm、在宅起訴…「音楽創作活動に役に立つ」と供述

韓国ラッパーのC Jamm(本名:リュ・ソンミン)が在宅起訴され、裁判に持ち込まれました。

今月12日、水原(スウォン)地検は麻薬類管理に関する法律違反容疑でC Jammと、芸能人志望生のコ氏を在宅起訴したことを明らかにしました。C Jammは昨年2月からことし4月までコ氏に金を渡して大麻草を購入させ、10回に渡って1605万ウォン(約160万円)相当の大麻草112gを購入した容疑。

またコ氏と同僚ラッパーのVasco(本名:シン・ドンヨル)、他の芸能人志望生4人と共に2015年5月からことし4月までソウルの自宅で大麻草を3回吸い、昨年10月にはコカイン0.5gを鼻で吸引した容疑もある。

C Jammは検察で「音楽創作活動をするのに役に立つと思ってやった」と供述したという。当初警察は、C Jammらが大麻草を13回吸引し、違法薬物MDMA(通称エクスタシー)も1回使ったと見たが、検察は毛髪検査を通じて10回の大麻草吸引と、MDMA使用は確認できず嫌疑なしと処理した。

やはり、闇が多いですねー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする