「ミスター麻雀」小島武夫さん死去82歳 広く麻雀ファンを魅了

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんのミニニュースです。




「ミスター麻雀」小島武夫さん死去82歳

プロ雀士として長年活躍し、その魅力的な麻雀から幅広い世代のファンに支持された「ミスター麻雀」こと小島武夫さんが、心不全のために5月28日に亡くなっていたことが分かった。82歳でした。

5月31日に所属する日本プロ麻雀連盟が発表しました。

小島武夫さんは1936年2月11日、福岡市博多区出身。

若くして麻雀の世界に飛び込むと、阿佐田哲也、古川凱章らと「麻雀新撰組」を結成。

当時の人気深夜番組「11PM」の麻雀コーナーにも出演していました。1981年に誕生した日本プロ麻雀連盟では初代会長に就任。

その後も対局番組で、幻の役満「九蓮宝燈」をアガるなど、その華々しい活躍ぶりから「ミスター麻雀」「小島先生」などと呼ばれていた。

麻雀番組の大手モンドTVの麻雀対局番組は、2016-2017シーズンをもって引退していました。

各界の偉大な方たちが、次々と亡くなっていくニュースが多いですね・・・




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする