本木雅弘の長男・内田雅樂、パリコレデビュー…堂々の初ランウェー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。
藤ととちゃんです。

かっこいいスターが誕生しましたね。




本木雅弘の長男・内田雅樂、パリコレデビュー…190センチ長身、堂々の初ランウェー

俳優・本木雅弘(52)の長男・内田雅樂(うた、20)が、「UTA」名義で19~24日に仏パリで開催された「2019年春夏パリメンズコレクション」でモデルデビュー。

「コムデギャルソン」「アンダーカバー」の2ブランドのショーに日本人でただ一人出演。会場で本木が見守る中、父親譲りの力強い瞳とりりしい顔立ち、190センチの長身で堂々と初ランウェーを歩いた。

UTAは「ショー直前まで嵐のように慌ただしかったけれど、緊張感と静かな興奮が入り混じった特別な体験でした。ランウェーでは全てが服とモデルに託されていて、エネルギーを集中させる難しさはあったけれど、同時に自由さも感じました。世界中から近い世代が集まっているので、すぐに仲間もでき、一気に出会いがひろがりました」と振り返った。

中学時代にスイス留学し、欧州各国のファッションの流行や服の着こなしに興味を持った。一方で、小5からバスケットボールに励み、米国の名門IMGアカデミー、バスケの強豪のカリフォルニアの大学に進学。日本代表候補合宿にも参加した逸材だ。

これまでモデルのオファーを何度も受けてきたという。バスケとの両立を悩む中、今年、祖母で女優の樹木希林(75)から「服は内面を写す鏡。自分をより客観視できる。それは生きていく上で大切なこと」というアドバイスでモデルへの思いを強くした。

6月にパリのモデル事務所と契約した。今後は大学でバスケに励みながら「学生として時間も限られていますが、モデル活動の場も大事にしていきたいと思います」と抱負を語った。




本木は「もう彼は20歳なので、自分なりの選択に任せています。アスリートもモデルも、芸能とはカタチの違うパワーが凝縮された独特な世界なので、それ相応のしんどさもあると思いますが、今はまだどんな体験も財産、いろいろぶつかりながら自分の幅を拡げてほしいと思います」と期待を寄せた。

本人のスペックはこちら

◆UTA 本名・内田雅樂(うた)。1997年10月1日、東京都生まれ。20歳。2000年、祖母・樹木希林も出演したNHK大河ドラマ「葵~徳川三代~」(主演・津川雅彦)で子役デビュー。190センチ。血液型AB。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする