夜間勤務中に平均5時間長電話、消防士長を停職ってそんなにヒマ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。

今日も内容ビッグなミニニュースからです。



夜間勤務中に平均5時間長電話、グータラ消防士長を停職

勤務中の消防職員が、私物のスマートフォンで知人女性との通話を繰り返すなどしていたとして、大阪府岸和田市は8日、市消防本部の男性消防士長(45)を停職1か月の懲戒処分にした。

1回の通話時間は平均で約5時間に上り、11か月で計約400時間近くになるとみられる。

って、そんなにヒマなの?

発表によると、消防士長は2016年5月頃から17年3月末までの間、勤務していた分署で夜間勤務中、私有スマホで月7回程度、知人女性と通話していた。また、土日の日中の勤務時間に、計20回程度、私物のスマホで勝ち馬投票券(馬券)を購入していたという。




やっぱりヒマなの?

消防士長は消防車の運転などを担当していたが、出動が遅れるなどの影響はなかったそうですが、17年4月に分署から本署に異動した後。

勤務中のスマホ使用をやめていたが、今年2月、市に匿名の通報があり発覚したそうです。

もう、有名だったんだろうねー

完全なるスマホ依存でしょう。

しっかり治療を受けましょう!

でも、その時は消防士さんはやめましょう(笑)

もちろん、退職金無し退職ですよー!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする