小野寺防衛相、即応予備自衛官を招集=広島などに300人 地の利を活かす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。
藤ととちゃんです。

国が速効力を求めています。

今、復興支援している自衛隊のみなさま。

本当にご苦労様です。

限局された地域での活動ですが、日本の安全を守っている活動だと思います。

本当にありがとうございます。




小野寺防衛相、即応予備自衛官を招集 広島などに300人

小野寺五典防衛相は11日、西日本豪雨の被災地に派遣している自衛隊員の活動の長期化が見込まれるため、自衛官OBが登録している即応予備自衛官を招集するよう命じた。

12日以降、被害の大きい広島県内などで生活支援を担う部隊に300人程度の即応予備自衛官が参加する。小野寺氏が防衛省で記者団に明らかにした。

即応予備自衛官の招集は2011年3月の東日本大震災、16年4月の熊本地震に続いて3回目。小野寺氏によると、支援活動を円滑に進める観点から、被災地の近くに住み、地の利がある自衛官を中心に招集する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする