日本初 現行GT-Rのパトカーが誕生 栃木県警の納車式に潜入!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。
藤ととちゃんです。

このニュースは素直に喜べません・・・



逃げる気も起きない!?GT-Rのパトカーは国内最強レベル!

海外ではランボルギーニ アヴェンタドールやブガッティ ヴェイロンなど、僕らの度肝を抜くようなブッ飛んだパトカーが実際に走っています。
日本でもホンダ NSX(初代)や三菱 GTOなど、「本当に必要なのか!?」と思うほどハイスペックなスポーツカーをベースにしたパトカーが導入されたことがあります。

しかし、2018年6月15日に栃木県警に正式配備されたパトカーは、これまでパトカーに採用された日本のスポーツカーとは比べものになりません。現在市販されている日本車の中では最強と言って過言ではない、日産 GT-R(R35)をベースにしたパトカーが導入されたのです。R35のGT-Rがパトカーになったのは、日本初です。ちなみに、ネットではGT-R nismoが配備されるというウワサが出回っていましたが、このGT-Rは nismoではないとのこと。ではグレードは何なのかと県警の担当者さんに尋ねてみましたが、詳しいことは答えられないそうです。

そんなさー。もったいぶらず教えてよって思いません?
GT-Rから逃げるにはBMW M5とか AMGあたりじゃないと無理でしょう・・・




「カッコ良すぎる!」、「こんなクルマに追いかけられたら逃げられる訳がない(笑)」、「栃木県潤ってるなぁ!」、「本当に必要かコレ…?」。ポジティブな意見の反面、ネガティブなネットの声もちらほら見かけます。しかしご安心あれ。

栃木県警に配備されたGT-Rのパトカーは、購入金額の一部が栃木県民からの寄付によってまかなわれているんです。「GT-Rパトカーの購入に!」と寄付された金額は車両金額の6割で、残りの約4割は日産自動車が負担しています。

この寄付いる?
そんなに何かへ挑戦したいのでしょうか(汗)

日産 GT-Rは栃木県河内郡上三川町にある日産栃木工場の中で組み立てられていて、日産のメカニックの中でも選ばれた匠達の手によって仕上げられるスペシャルなクルマです。

2018年は日産栃木工場の操業50周年に当たるので、記念の意味合いもあるのかもしれませんね。

ちなみに・・・




日産 GT-Rとはどんなクルマ?

日産 GT-Rは、570psを発生する3.8リッター V型6気筒ツインターボエンジン(VR38DETT)を搭載しています。このエンジンは熟練の職人により一基ずつ手作業で組み立てられており、手組の証として、職人の名前を刻印したアルミプレートがエンジンに装着されています。
トランスミッションにはGR6型デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を搭載し、駆動方式はもちろんAWD。
モンスターエンジンが発生させる大パワーを、余すことなく路面に伝達します。

国内最強レベルのGT-Rですが、GT-Rのスゴいところは誰でもある程度は速く走れてしまうところにあります。

これが一番すごい事かもしれません。

まるで運転の技術が格段に向上したかのような錯覚さえ覚えるドライビングフィールって噂です

藤ととちゃんは乗ったことないのでわかりませーん(笑)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする