【カメラデビュー】超初心者がぼかし写真に憧れてデジカメを購入②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

前回から書いている、【カメラデビュー】のお話ですね。

いったい、どんなカメラを藤ととちゃんは買ったのって話も書いていませんでしたね(笑)

ってことで、第二弾は藤ととちゃんのカメラを購入するに至った話です。




きっかけは身内で旅行に行った時

そもそも、普段はスマホで写真を撮っていました。

コンパクトデジカメ(以下コンデジと略します)は所有していましたが、かなり昔に購入したもので、使い勝手も含めるとわざわざ別持ちして出歩かないといけないものではありませんでした。

そんな中、親戚で旅行に行ったんですね。

すると、親戚夫婦が一眼レフとミラーレス一眼を持っていました。その親戚、仕事柄カメラを使うことも多いそうです。仕事の知識が趣味になった感じでもあって・・・

後日、その親戚から画像データが送られきて、見てびっくり!!

これはプロのカメラマンが撮ったやつだ!!って感じ。

俗にいう「ぼかし写真」ですね。

イメージはこんな感じです

そこで、藤ととちゃんは調べました。「スマホでできないのか?」って

すると、そこには「限りなく不可能」の結果。

そうなると、一気に藤ととちゃんの購買意欲が盛り上がります。

新品の値段を調べると・・・・

思ったより、高い・・・これが現実なんですね。

もちろんプロ仕様の機材を買おうとは思いません。入門機が良かったのです。

上級者向けのものは、絶対に機能を使いこなせないので。

とても急に買えるおこずかいはありません。

思いつきでほしくなった一眼レフカメラに、10万円以上も出せない現実。

仕方ないなー、あきらめよう・・・

そう思いながら数か月が経過します。

ネットで色んな記事を見ていると、リユース品。

いわゆる中古カメラで気軽にカメラライフを始めようって記事が沢山。

にわか知識だけは蓄えられて、藤ととちゃんのほしい入門機も絞られました。

第一条件は3万~3万5000円

第二条件はデジタル一眼レフで入門機である

この二つ。

そして、候補になったのがキャノン EOS Kiss X5かX7でした。

この2機種は女性向けに作られていることもあり、本体重量が軽いのが長所です。

さらに、操作も非常に簡単らしい・・・

本体にレンズが1種もしくは2種セット販売されたキットがあるのも魅力です。

そんな感じで何気なく入ったリユースショップで事件は起きました。




運命の出会いじゃないか!? 希望のカメラに出会う!!

ショーケースをみると・・・

あっ! 売ってる!!

キャノン EOS Kiss X5です。1種のレンズがセットなったキットでした。

値段は・・・・24900円!!!!!!!!!!!!

ほっ、ほしい。

これはあれば子供たちの写真も沢山とって、ぼかし放題(笑)

こどもの運動会もあるし・・・

親戚の結婚式もあるし・・・

もう、購入する理由を探す感じです。

そして、買いました(笑)

 ※これはイメージです

うちの奥さんにもあきれた顔で見られました(笑)

でも、気分はもうカメラマンです。

とにかく最低限の使い方を覚えるのに、操作マニュアルを開くと・・・

書いてあることは・・・

「実際に操作しながら読むと、理解しやすい・・云々」




慣れない言葉で・・・

操作しながらって言っても、「何か撮影しましょう」と書いてあっても、何を撮影したらいいのかわからなくなります。

テーブルに適当なカップや子供のおもちゃを置いて撮影しました。

オートモードもついているので、カメラに全部お任せで撮影する機能もあります。

この機能、非常に賢いです。

とっても、きれいに撮影できます。

でも、たくさんぼかしたい時には、ぼかしレベルをマニュアルで設定できます。

うーん、なんとなくわかったぞって感じです。

それ以降、何かで出かけたときには必ずカメラを持っていくようにしました。

たくさん撮って、カメラに慣れようって計画です。

結局のところ、この作戦は成功しました。

しかし、使うとわかった一眼レフの弱点もあります。

それは、「重さ」でした・・・

続きはこちらをクリックしてください

※別タブで画面が表示されます。

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

また、読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする