住宅展示場に家族で行ってみた(マンション所有ですが) その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

今週も月曜日がやってきましたねー(笑)

藤ととちゃんは昨日から勤務でした。

結構ボリューミーな勤務だったなー(汗)

さて、今日は住宅展示場に行ってきたので、見学させてもらえた3社の個性みたいな営業マンの印象を書いてみたいと思います。




社風が現れる営業トーク!?ちょっとした違和感も・・・

えー、さてさて。

まずは一社目です。

A社とでもしましょうか。

このメーカーの住宅の売りは何と言っても、価格だと思います。

20代でも建てれる一戸建てみたいな感じですねー。

イメージ的にはこんな感じ

その会社のことを悪く書こうって話じゃないので、あしからず(汗)

あくまで個人の感想です。

去年だったかなー、A社の人とちょっとしたことで話をすることがありました。

その時の印象があまり良くなくて・・・

藤ととちゃんだけかもしれませんよ、そう思うのは・・・

良く言うと快活な感じ、ポジティブにいうと横柄です。

今回もざっくりそんな感じでした。

こう快活な営業マンに数回連続であたると、「こういう会社なんだねー」って思います。

モデルハウスの受付もなかなかでした。

初めて見に来た人は驚くでしょうねー。根掘り葉掘り聞くアンケート。

まだ挨拶もしてないひとになんで自分の年収を教えないといけないのか・・・




そして、開口一番、「書き終わったら呼んでくださいねー」

まぁ、過剰な接客は好みではないので良いですが(笑)

ざっくりとアンケートを書いて、モデルハウスの案内スタート!

書き終わりましたっていうと奥の部屋から営業マンがきました

聞かれたことには、それなりに答えました。

今の自宅の立地や、一戸建てを持つならこんな土地柄がいいなとか。




「へぇー、そうなんだ」「あー、わかる、わかる」

ちょっと、なんぼなんでもその営業トークはないでしょう(笑)

ちなみに、この日のA社担当は女性営業マン。

THE ため口営業

あのねー、飲み屋でもそんな接客いまどきないよ。

フランクすぎませんかー(笑)

ってことで、子どももジュースを飲み終わったので、退散しました。

スタンプラリーのスタンプをもらおうと思ったら・・・

「うちの会社の同じ系列店がもう一軒展示してるので、ぜひそちらへ・・・」

ってことで、スタンプくれませんでしたー!!

まぁ、そんなもんだよね。

会社がてっとり早く削減できる経費は人件費。

はっきりいうと、営業の質を落とすといいだけなんですね。

これは営業の研修や実施体験みたいなものにコストをかけていないって事ですよ。

まぁいいから売ってきてよーみたいな感じがプンプンながれていましたね。

家自体の質感はそれなりでしたねー

価格相応っていうのかな?

でも、今はこのくらいの金額で一戸建てがもてるんだなーって驚きでしたね。

無理して高額な住宅ローンをかかえて、家のために働いてお金返すってスタイルより、背伸びしてる感じがないので、生活自体は楽しくなるんじゃないかなって思います。

じゃあ、具体的にどうなんだって話ですけど・・・

だいたい建坪が32坪くらい、まぁ一般的な一戸建ての広さです。

それで1400~1700万円くらい? 値段は安いと思います。

なんだか、一社のことを書いただけで長くなった(笑)




A社の概要をまとめると・・・

・新規参入の低価格帯の一戸建てをメインで販売するハウスメーカー

・20代から家を構えれるという感じが売り

・家の質感は価格相応。

・結構フランクな営業

・スタンプラリーのスタンプくれなかった

・縁日遊びをさせてくれなかった

なんか、印象悪いことばっかり書いてしまったか・・・

まぁ、それが藤ととちゃんの率直な感想なんで(笑)

次回は2社目のお話をしましょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

次回もきてくださいねー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする