民間ロケット打ち上げ失敗 爆発炎上 4秒で失速 北海道・大樹町

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。
藤ととちゃんです。

期待した民間ロケット・・・

うーん、残念!!




民間ロケット打ち上げ失敗 爆発・炎上 北海道・大樹町

インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は30日午前5時半、大樹町浜大樹の実験場から、観測ロケット・MOMO2号機を打ち上げたが、失敗した。

今回で三回連続の打ち上げ失敗となります。

ロケットは少し打ち上がった時点で落下、地面に打ち付けられて爆発し炎上しました。墜落後、近くにあった打ち上げ施設に火が延焼しました。今回の墜落で人畜に被害は出ていないということです。




今回の打ち上げ失敗をうけ・・・

稲川社長は、MOMO2号機の打ち上げ失敗を受け、「安全確保を最優先とする。司令場にた人員(20人程度)は全員待避し、無事だ。立ち入り禁止区域外に危険が及ぶことはない」と述べた。原因を調べている。

ISTはMOMO1号機を昨年7月に打ち上げ、高度20キロ手前で宇宙には届かなかった。2号機は4月28、29の両日で打ち上げを試みたが、不具合で延期していました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする