NEWS小山「超速復帰」わずか「2週間謹慎」ジャニーズの思惑?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。
藤ととちゃんです。

またまたジャニーズ事務所の無謀さが表面化したニュースをひとつ。




NEWS小山「超速復帰」日テレに無謀要求
わずか「2週間謹慎」ジャニーズの思惑

“大甘”にもほどがある! 一部週刊誌で報じられた「未成年女性への飲酒強要」報道を受け、ジャニーズ事務所の人気グループ「NEWS」の小山慶一郎(34)が7日、一定期間の活動自粛を発表するとともに、メインキャスターを務める日本テレビ系報道番組「news every.」で生謝罪した。
本紙昨報どおり、さすがに報道番組は降板せざるを得ないというのが大方の見方だが、ジャニーズ側はなんとわずか2週間での番組復帰を日テレに打診したというから驚きだ。
たった2週間ですよ!!
この判断、世間がほんとに受け入れると思ったのでしょうか?

これでは世間から大反発を受けることは必至。
初期対応を誤った日本大学のアメフット問題みたくさらに大炎上するでしょう。

午後3時ごろ、報道各社にジャニーズ事務所からのファクスが届いた。
内容は、酒席に未成年女性がいたという認識は小山と加藤になかったものの、報道は事実と認めた上で、飲み会を開き未成年女性に一気飲みを促すコールをした小山を一定期間の活動自粛、加藤を厳重注意の上で反省を促すというものでした。




まぁ、一定期間ねー(笑)

この後、小山は「every.」に生出演し「今日発売の一部週刊誌で、私が未成年の女性と飲酒していたとする記事が掲載されました。指摘された飲食の場に当時19歳の女性が参加していたことが分かりました。私はこの女性から年齢を20歳と告げられていたため、未成年者であるとは知りませんでした」と釈明。続けて「結果として未成年者がいる飲み会の席に参加し、飲むことをあおるような声を掛けてしまいました。こうした振る舞いは、報道番組としてさまざまなニュースをお伝えし、時には厳しい意見も述べてきた『news every.』のキャスターとして不適切であることは言うまでもありません。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。さらに「私は『news every.』の出演を当面お休みさせていただき、その期間、活動も自粛し、今回のことを反省し、自分をしっかりと見つめ直す時間にしたいと考えています」としました。

それが!

なんと、2週間という事務所の意向。

テレビ局関係者は「未成年だと知らなかったと言い訳したところで、報道番組キャスターとしては完全にアウト。番組スポンサーが許すわけもなく、降板は避けられない」と。

ところが、だ。ジャニーズ事務所から“仰天の申し出”を受けて、日テレもさすがに困惑しているという。



「ジャニーズは『2週間後に小山を番組に戻したい』と日テレに言ってきたのです。そんなことを許せば世間の反発を食らうことは間違いない。日テレも即答できずに、とりあえず返事を保留しました。さすがにのめない話だと思いますが…」(日テレ関係者)

「番組のテーマソングがNEWSの新曲『BLUE』なんです。でも、メンバーが活動自粛しているのに、果たして予定通り使用していいのかと局内で議論が起きている。ひょっとしたら変更もあるかもしれない」と別の日テレ関係者。

だが、中途半端な幕引きは、日大のアメフット“悪質タックル問題”のように、大きな騒動に発展してしまいかねない。

たった2週間の謹慎で事が収まると考えているとしたら“大甘”と言わざるを得ない状況だ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする