【ビールに焼き鳥】焼き鳥の部位で塩焼きとタレ焼きを食べ分けよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

このブログを読んでいただいている方には・・・

焼き鳥が好きな人だなって思われるかもしれません・・・

まぁ、大当たりです(笑)

お刺身と焼き鳥、スープカレー、ラーメン大好き藤ととちゃんです(笑)

今日は大好きグルメから「焼き鳥の美味しく・楽しい食べ方」を書こうと思います




基本は好きな味でいいんじゃないか?

一言で焼き鳥と言っても、お肉の種類は沢山あります。

アブラのノリ方も様々なので、種類は無限かと思います。

どこの焼き鳥屋でもあるお肉の部位を代表に話をしたいと思います。

どの部位が塩でどの部位がタレという定義はありません。

しかし、よく言われる定義はあります。

それがこの2つ

「匂いの強いものや傷みやすいものはタレ焼きのほうが食べやすい」

「アブラが多いものは比較的塩焼きが好まれる」

肝やハツはタレ、皮やモモは塩ってことになりますよね

参考までにデフォルトを表にしてみました。

ネ タ タレ焼き 塩焼き
せせり・ネック・小肉 どちらも美味しい
むね どちらも美味しい
もも どちらも美味しい
ずり・すなぎも ほとんどない 普通ははこれ
こころ・ハート・はつ・心臓 普通はこれ お好みで
きも・レバー 普通はこれ 猛者
かわ たまにある よくある
なんこつ 変わり者 普通はこれ
つくね 普通はこれ 通好み
梅ささみ巻 変わり者 普通はこれ
手羽先 普通はこれ

番外編 名古屋の手羽先はちょっと違うが美味い!!

名古屋のご当地グルメ 「手羽先」

これは、結構特殊な分類かもしれません。

小さ目の手羽先を唐揚げにしてから、特製のスパイス、胡椒、白ごまをたっぷりかけていただくお肉です。

または、特製のタレに付けてから焼き上げるものもありますね。

もう、美味いしか想像できません(笑)




ホルモン(内臓系)がタレと相性がいい理由

これはひとえに味に癖があるイメージが先行しているからかもしれません。

実際に、レバーなどは独特の風味と食感が苦手という方も多いです。

なので、素材のうま味を引き出す塩よりも、タレ自体のうま味も楽しめるほうがウケがいいのかもしれません。

また、タレは風味の強い素材を使う傾向があります。

ニンニクとかが代表かもしれません。

また、真逆に淡泊な味のものにタレ効果は絶大だと思います。

焼き鳥丼なども、お肉がタレ味だと白飯がすすむイメージがありませんか?

時に「ワンパン食い」などと言われることもありますよね。




でも、結局は・・・

完全に好みですよね(笑)

つくねはタレだとかいわれますけど、塩でサッとレモンをかけると・・・

美味いんです。

せせりをタレに絡めて、七味を振って食べると・・・

美味いんです。

美味しい食べ方は、無限大ですね!

いがかでしたか?

最後まで読んでいただいてありがとうございます

また読みに来てくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする