【社会的ボランティア】治験ボランティアバイトがおすすめな理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

アルバイトに興味ある方いませんか?

楽なアルバイトというのはなかなかありませんが、収入を得よう、収入を増やそうと思うなら手っ取り早い稼ぎ方ですね。

同じ働くなら、より時給が良いところが稼げるし、体力的・精神的に楽なアルバイトは働くストレスも少ないでしょう。

そんな都合のいいバイトなんてないよ!って方。

世の中には、ちょっと理解を深めるとストレス少なく稼げるアルバイトがあるんです。

昔はパチンコ屋さんとかが時給も高くて稼げるよって言われていました。

でも、最近はそれに匹敵するくらい高時給のアルバイトがあります。




製薬会社のボランティアアルバイト 治験

「治験」って知っていますか?

治験とは・・・

化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に 効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。
こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。

治験は病院で行われます。
治験を行う病院は、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という規則に定められた要件を満足する病院だけが選ばれます。

その要件とは

  • 医療設備が充分に整っていること
  • 責任を持って治験を実施する医師、看護師、薬剤師等がそろっていること
  • 治験の内容を審査する委員会を利用できること
  • 緊急の場合には直ちに必要な治療、処置が行えること

引用・・・厚生労働省HP 「治験とは」

製薬会社は、膨大な費用をかけて薬を開発します。その薬の安全性も開発の一つとなります。

動物実験などもクリアーした薬を実際に人に投与しデータを採取します。

・国の基準にそっているか?

・ほんとにデータ通りの安全性が確保されているか?

・薬の効果が本当にあるのか?

などを確認する実験が「治験」と言われています。

こう書くと、非常にハイリスクなアルバイトのようにとらえがちですが・・・




実際の治験は想像以上に安全です!

しかし、実際の臨床試験「治験」に、用いるクスリは非常に安全です。

数々の試験をクリアし、ほぼ安全性が確率してはいるけど実際のデータが立証されないと発売できないので、安全だということをアピールするための試験が「治験」とも言えます。

製薬会社としても、高コストで開発した薬をそうそう簡単に失脚させることはできません。

なので、開発が最終段階でとびきり安全な薬を試験します。

しかも、治験を行うには専門の部署が設置されている医療施設で行われます。

万が一、何か異常をきたしても適切な治療を受けられる保証も備わっています。

まぁ、治験ですから医療スタッフも非常に気をつかい観察しますよね・・・

この感じが「私はモルモットじゃない!」と思ってしまうのか、「これで世の病気が一つ治療できるようになるのか」と思うのかで、治験バイトのストレスは変わります。

後者の感覚であれば、非常にストレスレスなアルバイトになるでしょう。




治験ボランティアバイトをより安楽にするために

治験は医療施設で行われます。

施設が綺麗で、食事が手作りの病院もあれば、弁当屋の弁当のところもあります。

4人部屋の病室もあれば、8人部屋の病室もあり快適さにも違いがありますね。

まぁ、8人部屋は滅多にないですが・・・

報酬が高額な治験は、設備がしっかりしている病院がわりと多いので狙い目。

あとは本当に暇になるので、時間を潰せるものを持っていくのが大切です。

思い切って読みたいと思った本を図書館から借りて読み漁ると、コスパよく時間が過ごせます(笑)




治験ボランティアバイトのデリ・メリ

治験ボランティアのメリット

  • 食事が無料で出る
  • 検査時間以外は自由で漫画、ゲーム、テレビなど好きなことができる
  • 謝礼金が高い(一泊2万前後)

治験ボランティアのデメリット

  • 検査の関係で朝食が食べれないことがある
  • 採血が多いので血を見るのが苦手な人は向いていない
  • 入院中は禁酒や禁煙
  • 治験中は病院から勝手に出ることができない

一番のデメリットは、多分採血でしょうね・・・

でも、平気な人はなんとも思わないでしょう(笑)

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする