【オススメできない副業】本業がヤバくなっても稼げるジャンルで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

みなさんは今のお仕事で安定した収入を得ていますか?

また、満足できる収入を得ていますか?

安定した収入≠満足な収入という訳でありませんよね(汗)

現代は資本主義社会です。

また、様々なツールが生活に流入してきています。

インターネットの普及によって、いままで外国は本当に異国の地だったのが、ネット回線があれば、オンタイムでつながる事ができます。

特に買い物などは、とても便利になりました。

しかし、これらを「活かす」「楽しむ」「活用する」ためには、お金と引き換えにサービスを受ける必要があります。

この、お金。

自分の理想とするものを手に入れる、いわば経済的自由を得るために、収入を増やす方法は沢山あります。

また、働き方改革という名の終身雇用制度が崩壊したことによって、同じ会社や組織に居るだけで給与が受領できる時代は終わりました。

そうなると、「なにか行動を起こしてお金を稼がないとな・・・」って思う人。

沢山いると思います。

副業全盛時代に突入した今、大事なことを考えましょう。

ずばり、「やってはいけない副業」です!




やってはいけない副業の目安はコレだ!

まず、何を基準に「やってはいけない」というのかを明示します。

・一時的に稼げるだけで、未来に繋がらないもの

・終身雇用制度が崩壊後も本職に引けをとらない稼ぎ口(副業)になる

大きく分けるとこの2点だと思います。

ざっくりいうと、「再現性がない」「非効率的」といえるものです。

その壱 「楽して稼げる系のやつ」

インターネットをよく使う人は、この手の広告を腐るほど見ていると思います。

結論からざっくりいうと「楽に稼げる方法なんて存在しない」ということです。

そんな方法があったら、みんなやっています。

自分にだけ限られた情報が届いているという幻想を抱いてはいけません!

ちなみにこの「楽して稼げる」というものに投資などは含まれていません。

投資で稼げるほどになるには、その原資が必ず必要だからです。

その原資を稼ぐために、たくさんの苦労をするわけですね。

話を戻しまして・・・

「誰でも1クリックするだけで!」

「1日5分で!」

みたいなやつですね。

大抵これらの話は、「詳しくはコチラ」みたな部分をクリックすると長々とウンチクが書かれたページにジャンプすると思います。

そしてさらに・・・

「いまならこの○○な情報を無料で提供します。実際に稼いでみましょう!」的な話になります。

メルマガ登録やライン@などの登録になるのが最近のパターンかもしれません。

登録すると、ちょっとネット検索するとわかる情報がちょっと書かれたものが届きますね。

そこからがこの「楽して稼げる系」の罠になります。

怒涛のメールラッシュ、トークのラッシュが始まります。

その情報の中身は本当に実在するかもわからない「稼いでるぜ!」的な主が登場するサクセスストーリーが書かれているパターンも多いでしょう。

「今この波に乗らないと次の稼げる周期はいつ来るかわかりませんよ!」的な、妙な焦り感をだすあおりが届きます。

それを連続で見続けていると、人の脳は簡単に騙されてしまいます。

「自分にもチャンスがやってきた」「稼げる方法が知りたい」と強く思う訳です。

そしてその方法を知るためには「高額な教材」を購入する羽目になります。

実際にその高額教材で稼げる保証はないんですね。

※この画像は実際に98000円で販売された高額教材の実物画像です。これを入手するためには入会金として30万円を支払う必要があったそうです(汗)

もっというと、その高額教材をあなたも販売できる権利を手にしました的な展開になって・・・

結局、教材を販売する営業職になっていまいます。

まぁ、落ち着いて考えるとそこまでにたどりつくのに楽でもないですし、1日5分以上の時間を費やしていいますよね(笑)

これは一例ですが、この手のビジネスはものすごい熱量であおってきますし、洗脳する勢いも半端ではありません。

でも、「楽してゼロから稼げる方法なんてない」と意識するだけで、巻き込まれることを防止できます。

自分だけが知っている方法ではありませんし(笑)

なぜなら、自分が初めてみたものは「広告」だからですよ!!




その弐 「ネットワークビジネス」

いわゆる「ねずみ講」なんていわれますね。

厳密にいうとねずみ講とはちょっと違うんですが、似たようなものです。

マルチ商法などと言われることも多いですね。

言葉に置き換えると、面倒なんでサクッと図に例えます。

こんな感じです。

ざっくりいうと「親の総取り」というやつ。

こう書くと非常に悪徳商法=ネットワークビジネスという感じになりますが、実際にはそんな側面だけではありません。

※先に書いた「ネズミ講」や「マルチ商法」は論外ですよ!

もともとネットワークビジネスは立派なビジネスモデルだからです。

ネットワークビジネスで取り扱う商品などを代理で販売し、その販売額に応じた手数料を稼ぐというモデルになります。

この流れ、なんとなくわかった人もいると思います。

そう、物販系アフェリエイトがこのジャンルに含まれます。

このネットワークビジネスで実際に稼いでいる人は沢山います。

オススメしないネットワークビジネスはオフラインで行う業態が多いのですが・・・

オフラインでもオンラインでも相当優秀な営業力がないといけないと思います。

じゃないと商品を宣伝して、たくさん販売できません(汗)

さらに、「再現性」という部分でもちょっと欠点があります。

特にオフラインでの販売メインだと集客が厳しくなるでしょう・・・

稼ぎ続けるために、永遠に営業という労働をしなくてはいけません。

それをフリーランスという表現で示す人もいますが、働くことで報酬が生れるお金の流れは、全く変わっていませんね。

でも、稼げる人がいるのも事実。

アフェリエイトではしっかりとレバレッジを利かせる(特別単価を得たり・・・)ことが大事なんじゃないでしょうか?

その参 アルバイト

一番手っ取り早い収入を得る方法が「アルバイト」です。

しかし、その労働対価は時間を切り売りしているだけとも言えます。

アルバイトも労働することをやめる=収入がなくなるという図式になります。

時間の切り売りなので、原則資産構築が出来ません。

稼ぐためには時間を切り売りする作業を永遠に続ける必要があります。

ということは・・・

本職となんら変わらない労働形態になります(汗)

ただ仕事を2つ、3つもっているだけという状態になりますね。

ただし、このアルバイトでの労働は、価値のある資産にすることができます。

話題性のとんだ業種を選び、そこでの情報を発信するコンテンツがあればいいのです。

話題性のあるアルバイトってなに?って話になりますね。

以前、書いたこのアルバイトはいかがでしょうか?

【社会的ボランティア】治験ボランティアバイトがおすすめな理由

あと、一時的にアルバイトをして金銭を貯めて、それを元手に何かを行う(投資など)という方法も十分に有効な手段だと思います。

副業というのは「自分のビジネスを育てる」という観点が重要かなと思います。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みに来てくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする