【毎日が満ち足りる?】日々、充実感を感じてハッピーに過ごしたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは。

藤ととちゃんです。

毎日、充実してるなぁって思えますか?

人によって。どのような要件で満ちたりるかは違うと思います。

家族や恋人の愛情で充実する

お金の不安がなくなる

美味しいものをいただくとハッピー などなど

いろんな要件がありますよね。

一つに限らず、複数の要件で満足する人もいるでしょう。

でも、どれもそこそこ順調、あまり不安になることもない。

なのに、なぜか満ちたりない・・・刺激が足りないってことかな?

人には贅沢だなって思われる状況かもしれないけど悩んでしまう・・・

実はこんな人、多いんじゃないでしょうか?

そういうココロ、満たすことは可能なんでしょうか?

答えはもちろんYESです。満たす方法ありますよ!!




幸せの基準は十人十色 充実感も十人十色

まずは当たり前ですが、人はそれそれ満足できるトリガーも違います。

満足できる量も違います。

なので、「今、幸せだなぁ」とか「今日は充実したな」って思う感覚は、人によって絶対に違います。

お金で幸せや充実感を感じる人がいると思います。

でも、なかには億万長者になってもココロが満たされない人もたくさんいるでしょう。

億万長者にならないとわからない感情かもしれないけど(笑)

いわば、幸福の価値観が違うってことですね。

でも、共通するのは生き生きと過ごせているなって感覚に近いかも。

充実した時間というのはその時、一番に思う価値観が満たされる場合に体感する時間だと思います。

充実感はいわば、無い物ねだり的な感覚にちかい?

例えば、自分の思ったことをできる時間が一番に思う価値観だとします。

すると、好きなことをできた時間はその人にとって充実した「満ち足りた」ココロになります。

しかし、ニートで一日中することがなくぼんやり過ごす人の場合。

時間は自由に使えますよね。でも自分の希望することがお金がないためにできないとします。

そんなときに懸賞で五万円当選したとします。

するとうれしくって思いますよね?

「いやぁ、ラッキーだわ」とココロが満たれるでしょう。

その時、その人の価値観はお金の充実ということになります。

つまり、大事なことは「自分の幸福感を突き詰める」ということじゃないでしょうか?

自分が幸せを感じる時間=充実した時間

恋人と過ごす時間が自分には幸せだ

話題のラーメン屋に並んで食べるの待つドキドキ感が幸せ

バイトの給料日には頑張ったなぁって思える

いろんなパターンがあり、それはみんな違いますよね。

これが意識できるのは、自分の幸福感を突き詰めることができているから。

でも、なかなか自分探しの旅から抜け出せない人も多いでしょう。

そんなときに思考の整理をしやすくする行動があるんです。

「3行日記」を書く

しかも、ネガティブなことは書いたらいけません。

「ポジティブ3行日記」がおすすめです。

これを書くと、自分がどのタイミングで幸せを感じたのか可視化できます。

頭の中だけで整理するのも大事ですが、可視化すると振り返りがしやすくなります。

自分で自分のことを理解する、いわば「自己洞察できる」というわけです。

自分にとって「プチ幸せ、プチ楽しい、プチ充実」

これを重ねてジャンジャン拡大生産します。

となると、とってもハッピーになれるんですねー。

とっても充実感に包み込まれます。

自分自身をみつめ、幸せを突き詰めるのが充実感を満たす最速の近道と言えます。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みに来てくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする