3日午後、九州北部に接近=強い台風7号、大雨暴風警戒―気象庁

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。
藤ととちゃんです。

先日の地震に続いて、台風が飛来してきました。

2次災害などに注意しましょう。




3日午後、九州北部接近=強い台風7号、大雨暴風警戒―気象庁

強い台風7号は2日午後、鹿児島県・奄美大島の西海上をほぼ北へ進んでいます。

3日昼すぎから深夜に九州北部に接近し、4日は日本海を進んで5日午後までに温帯低気圧に変わると予想。気象庁は奄美と九州では大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けています。

四国や中国地方にも台風からの暖かく湿った空気が流入し、大雨になる所がある見込み。土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、落雷や突風に注意する必要があります。

7号は2日午後6時、奄美大島の西約180キロの海上を時速20キロで北北東へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南東側500キロ以内と北西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

ほんと、きをつけましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする