【レンタカーの達人】ライトをON!でもロービーム?ハイビーム?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

今日は夜勤明けでした。

それなりにトラブル盛りだくさんな夜勤でしたね(笑)

なにがボリューミーって話ですよね(笑) これは同業者しかわからない(笑)

ナースの裏話です(笑)

先日から書いている【レンタカーの達人】シリーズ

今日はレンタカーに限りません。普通に運転する人も気になるかも・・・




車のライトってなんでローとハイがあるの?

車を運転するのは昼に限ったことじゃないですね。

トンネルとかも走るし・・・ そうなると付けるのがライト(前照灯)ですね。

国産車なら右手でパチッとするやつ。輸入車は左手ですね。

ライトは二段階。

ロービームとハイビーム。

ロービームはひねって点くやつ。ハイビームはレバーを奥にポンってするやつ。

暗くなって視界を確保するために明かりをつけるんですね。

じゃあONとOFFで良くないかって話です。

そこには、本来のハイビームとロービームの判断を覆す解釈があります。




ライトONの基本は・・・

実は、車のライトはハイビームで使うことが原則なんですね。

しってました?

ハイビームって滅多に使わないってひともいるでしょう?

なかには一回も使ったことがない人もいるかもしれません。

昔の自動車教習所では「普段はロービーム。対向車がまぶしいからね。山道など対向車が少ないところではハイビームだよ」なんて教えられたかもしれません。

じゃあ、山道走らない人はまず使わない(笑)

でも、自動車メーカーはハイビームを使う前提で車を開発しています。

でも、いつ使っていいのかわかりませんって方。

山道以外でも使っていいんですよ(笑)




間違っても使っちゃいけないところ

市街地の交差点

これはダメですねー。

対向車がまぶしいから?

まぁ、それもありますが違います。自分のライトと対向車のライトがぶつかり合うと

人などの影が見えなくなんですねー

これは歩行者から車をみても、ただの光の塊にしか見えない状態なんですね。

しかし、警察庁は市街地の人身事故に対しても妙な見解をしています。

市街地での人身事故の約50%はハイビームで回避できた可能性が高いそうですよ・・・

でも、そうなったら・・・

もう交通戦争ですよ。まぶしすぎます。目がちかちかします。




おすすめ ハイビームポイント

これこそ、高速道路です。

高速道路には対向車の光軸を遮る分離帯があります。

迷わずハイビームで走行しましょう。

しかし、注意することがあります。それは対向車ではなく・・・

前の車です(笑)

確実に照らし出すので、非常にまぶしいです。

なかには、このまぶしさを「あおり運転」と間違うかもしれません。

このロービームとハイビームの切り替え、今のライトオン・オフくらいの感覚に近いかもしれません。

面倒だなっておもうかもしれませんが、ライトのオン・オフと同じです。

ぜひ、一度お試しあれ。

最後までよんでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいねー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする