【レンタカーの達人】高速道路の速度表示を読取り、快速・快適移動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

今日はナースマン業務が忙しかったですねー。

先日の外勤ラッシュと真逆・・・病院というがユニットから一歩も出れませんでした(笑)

一歩もっていうのは大袈裟ですね。

フリーで院内PHS持っていますが、各セクションから何かしらの連絡があって・・・

有線の電話も鳴る状態(汗)

まぁ、そんな日もあります。




ってことで、今日も【レンタカーの達人】シリーズ(笑)

勝手にシリーズ化しましたが・・・・

安全に、快適に、トラブルなく北国観光してほしいって意味で書いてます。

そんな、北国観光、レンタカーを使い倒すには欠かせない運転術です。




実は速度違反はアッパーだけではないよ!!

日本の道路にはいろんな種類があります。

一般道や自動車専用道路、高速自動車道・・・などなど。

細かい違いは多数ありますが、今日もざっくり行きます。

高速自動車国道の場合です・・・

車で走る道路には制限速度ってありますよね?

そうそう、看板に書いてあるやつ

基本と言いますか・・・

この看板に表示されている速度以上で走ってはいけません(笑)

もちろん、速度違反の取り締まり対象になります。

これは、一般道でも高速自動車道でもおんなじ。

しかーし!! 高速自動車国道(通称 高速や上みちなどといいますか?)は違う!!

なんと、最低速度ってのがあります。

知ってました?

じゃあ、何キロって話ですよね?

まずは最高速度の話。

高速自動車国道の場合、速度表示看板に表示されている速度が最高速度です。

これですね

標識の見方は細かくいいません(笑)

普通車は100kmのカテゴリに入ります(笑)

これが最高速度制限です。

まぁ、よく見るやつ。

ちなみに一般道だとこれ

これだと最高速度50kmになります。

さて、話は戻ります。

先ほどのこの画像。

左側に50にアンダーバーが引かれている看板がありますね。

そう、これが最低速度制限表示です。

この50km未満で走行すると、最低速度違反となり・・・・

最低速度違反 違反点数1点 6,000円の反則金となります。




どうして最低速度制限ってあるの?

そうなんです。

しっかり速度を出して走らないといけないのが高速道路なんです。

これは、他の車との速度差が大きくなることで、衝突事故や渋滞の発生による事故を防止する意味で設定されています。

それでも最低速度50kmで、他車が100kmで走る道路にいると、とても怖いと思います。

実際の事故はこんなもんじゃすまないですけどねー




でも、例外もあるんですよ

しかし、いつでも、どんな状況でも50km以上で走るというものではありません。

渋滞になると速度は出せませんし、悪天候だと速度を落とすことが安全につながります。

あくまで、最低速度は道路が安全な状況で走行でき、視界が確保されているという条件になりますね。

いかがでしたか?

最後までよんでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする