スタッドレスタイヤで舗装路(夏道)を走るのは危険なんですよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。




今日は休日。郵便局まで用事をたしに出かけてきました。

すっかり路面もでていて、冬底の靴で歩くのに違和感を感じるくらい快適な天気です。

路面が冬道から舗装路になると、自家用をもっているとタイヤ交換というイベントが発生します。しかし、このタイヤ交換。スタッドレスタイヤだと、冬に使うのには不安だけど、溝もあるし、次の冬まで履きつぶすかーって考えた人。絶対いると思います。このスタッドレスを夏に履きつぶし作戦って有効なんでしょうか?

今日はそんなタイヤ交換の小話です。




思う以上に危険!スタッドレスタイヤの夏の使用!!

スタッドレスタイヤを春、夏、秋(いわゆる舗装路)を履き続けて車を走らせても大丈夫なのでしょうか?

実はこれ、結構危険なことだらけなんです。

知っている人も沢山いると思いますが、スタッドレスタイヤについて軽くおさらいします。

スタッドレスタイヤ(studless tire)は、雪道や凍結した道路でも走行できるように作られた冬用タイヤの一種です。

スタッドとは鋲(ビョウ)のことで、スタッドレスタイヤは、現在は使用禁止になっているスパイクタイヤではない鋲が無いタイヤという意味になります。

特徴としては、
•ゴムが柔らかい
•溝が深い
•細かい溝がある

といったものがあります。

研究を重ねた素材やトレッドパターンを採用することで積雪や凍結した道路でも滑りにくいタイヤになっています。




スタッドレスタイヤの見分け方

スタッドレスタイヤであるかどうかは、慣れればすぐに見分けることが出来きますが、慣れないうちは区別しにくいかもしれません。

注目する点は、タイヤの接地面です。パッと見て細かな切れ込みのような溝がたくさん入っているとスタッドレスタイヤの可能性大です。

見た目ではっきりわかるのはタイヤの側面にこのような字が書かれている場合です。

ほら! かいている「STUDLESS」の文字!!

これが書いていると間違いなくスタッドレスタイヤです。

ちなみに「STUDLESS」という表示が無く、
•M+S
•M&S
•M.S
•M/S
•mud&snow

といった表示のみの場合は、雪道走行は可能であるものの、厳密な意味でのスタッドレスタイヤではありません。

それらはオールシーズンタイヤです。MがMud(泥やぬかるみ)、SがSnow(雪)を意味し、ぬかるみや雪道でも一定の性能を発揮するタイヤです。

また、「STUDLESS」という表示に加えて、これら「M+S」などの表示がある場合もあります。これだとスタッドレスタイヤの要件も満たしていますよってことです。

この、わざわざ表示までしてわかりやすくしている冬用スタッドレスタイヤを冬以外の季節、とりわけ夏のような暑い季節に使用するとどうなるのでしょうか?




夏場には適さない条件ばかりなスタッドレスタイヤ

デメリット

•すべりやすい
•制動距離が伸びる
•磨耗が早い
•走行ノイズが大きい
•燃費が悪くなる

スタッドレスタイヤは冷たい雪の上でも硬くならないような素材で出来ています。

ゴムに腰がないという感覚ですね。

高温の真夏の道路で使用すると、熱でより柔らかくなり、さらに腰長くグニャっとした状態で走ることになります。

ですので、走行性能に悪影響を及ぼします。ハンドル操作時も何テンポもおくてれハンドルが切れる感じです。

ぬれた路面では摩擦が少なくなり、すべりやすくなります。

ということは、スピンやスリップしやすいということで事故につながりますから危険ですね。

トレッドパターンも特殊なため走行ノイズも大きくなります。

また、スタッドレスタイヤはもともと抵抗が大きいため、燃費も悪くなります。およそ1割くらい悪くなるというデータもあるようです。

このように、夏場に使用するとデメリットが大きいことがわかりますね。




そんなに危ないなら取締対象とか違反になる?

夏にスタッドレスタイヤを履くことが規制されているのかというと、されていません。
ということは交通違反にはなりません。

スタッドレスタイヤの中には、夏用・冬用でそれぞれ異なるスリップサインを設定していて、オールシーズンで使用することを前提としているものもありますので、夏に履くこと自体は問題ないようです。

基準の残り溝さえあれば、保安基準を満たしていると判断され、車検にも通ります。

しかし、上で説明したように、ノーマルタイヤに比べて性能が劣る面がありますので、細心の注意が必要です。




まとめると・・・

スタッドレスタイヤを夏に使う場合に問題となる点などについて説明してきました。

いろいろな噂もあるかと思いますが、概ねスタッドレスタイヤを冬以外に履くと、ノーマルタイヤの性能より劣ると感じられるというのが大勢の見方です。

夏場にスタッドレスタイヤを装着した車に乗ったことのあるかただと、あの腰のないグニャグニャ感のある感覚がイメージしやすいと思います。

たぶん、タイヤ交換しないという手間ぐらいしかメリットはありません。

もし、履きつぶしたいので、冬以外でもスタッドレスタイヤを履くといった場合には、先に書いた注意点を頭に入れて、決して無茶はせずに速度を落として、丁寧なブレーキ操作・ハンドル操作で安全運転に努めてください。

ちなみに・・・藤ととちゃんは昨年、スタッドレスで夏場を乗り切りましたが、走るとロードノイズはひどいし、ハンドリングはしっくりこないし、やたらガソリン減るし・・っていう体験をしました(笑)

今日の小話はここまで

最後までよんでいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする