【大掃除シーズンスタンバイ】使い捨てハンディモップが便利すぎ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。

北国の朝晩、冷え込みの厳しい時期になりました。

毎日、暖房を使用し始めると空気が乾燥するんですよね。




洗濯物の乾燥に一役あるのですが・・・

乾燥すると、ほこりがまいやすいんですよね。

掃除機をかけても、家具の隙間までしっかり掃除するのは難しいですよね。

そんな時に、ぱぱっと、簡単に、ぴかっとなるアイテムがあれですよ。




ささっと掃除 ハンディモップが最強すぎる!

ホームセンターやドラックストア、コンビニでも売っていますね。

100円ショップでも売っている掃除アイテムですね。

これ、意外に使っていない家庭が多いんじゃないでしょうか?

結構使っているのかな?

自宅でPCを使っている人は、これとエアダスターがあれば最強じゃないでしょうか?

ハンディモップの原形は「はたき」とよばれる掃除道具です。

長い柄に細長く切った布をフサフサになるように装着すると・・・

パタパタとホコリをおとせる掃除道具ですね。

しかし、そのままだとホコリは落ちたまま(汗)

その先はどうなるのかというと、掃除をして集めないとまた舞い上がります(汗)

これは大変!!

ということで、静電気でほこりをあつめるハンディモップが登場しました。

こんなやつですね。

ブラシの部分に静電気が帯電する加工や構造にしています。

これもホームセンターに売っています。

大手のお掃除道具レンタルでも取り扱いされていますよね。

レンタル料金は一本、4週間で800~1000円くらい。

自分で洗濯をしなくていいのが、一番の長所ですよね。ガシガシ使い倒せる感じがいいです。

でも、毎日使って4週間もつのかなって感じしませんか?

モップの費用も年間10000円弱・・・

また、自前で購入したモップは自分で洗濯し、乾燥して清潔に保たないといけません。

このモップを掃除するって行動が面倒って人、多いんじゃないでしょか。




使い捨てモップが強すぎる!

そこで便利な掃除アイテムが登場しました。

化学繊維加工した、静電気が帯電しやすい使い捨てハンディモップです。

これはいさぎよい商品です。

汚れたらささっと捨てます(笑)

この手の商品が発売された当時は、使っているとモップが毛羽立ってきて、逆に綿ゴミを発生させるものもありましたが、今は改良に改良を重ねて、非常にタフになっています。

ただし、耐久性はあくまで使い捨て。

モップについた埃を掃除機で吸いこんで、何度か使用する場合もあるでしょう。

でも、それだとモップの性能は落ちてしまうでしょう。




付着したホコリの量にもよりますが、いさぎよく捨てるのがいいと思います。

ランニングコストはかかる掃除ですが、このささっと感がとっても便利。

年末の大掃除に備えて、ささっと掃除を開始しませんか?

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする