【家風呂っていいね!】子供とのバスタイムをもっと楽しく過ごす術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんは。

藤ととちゃんです。

世のお父さん、お母さんは子供と一緒にお風呂に入りますよね?

子供が大きくなると、子供だけでバスタイムってこともあるかもしれないですが・・・

子供と一緒にお風呂となると「しっかり洗えないと」「自分でできるようにしないと」などと考えがちになりますよね?

でも、そうなるとバスタイムの楽しみが少なくなっていませんか?

毎日のお風呂。

親の希望もありますが、もっと楽しく過ごしたら親子の会話も増えますよ。




子供との入浴時間、実は多く考えがちかもしれません!

では実際に子供との入浴時間ってどのくらいを目安にしていますか?

子供一人だと大体20~30分くらいって感じが多いと思います。

まずは子どもにシャワーでお湯をかけて温めて、その後子どもの頭や体をシャンプーやボディソープで洗って・・・

お父さん・お母さんは子供が何かしらで遊んでいる間にささっと体を洗って、その後一緒に湯船に浸かるって家庭もあるでしょう。

さらに子どもが一人増えるごとに子どもの体を洗う作業が増えますから、年の近いお子さんを何人も抱えるママやパパは慣れるまで、焦る気持ちもあってなかなか大変。

子供が湯船で温まるのは5分くらいでも良い!

ひと昔まえは「肩まで入ってしっかり温まって・・・」ってことを言われたと思います。

しかし、それは浴室の構造に大きく関係しました。

昔の浴室はとにかく寒かったです。今でいうヒートショックが起きやすい環境でした。

湯冷めもしやすかったです。

しかし、最近の浴室は気密性も高く、保温性も高い構造。

あまり温めすぎるとのぼせてしまいます。

おおむね5~10分くらいがいいといわれています。

ほんのり赤ら顔になると、温まりすぎサインかもしれません。

バスタイムを一日の振り返りの場に

お風呂は子供との共有できる大事な時間。

その時間に一日の振り返りをするのにうってつけのタイミングとも言えます。

まだ会話ができない赤ちゃんにもどんな一日だったか声をかけながら入るのが大事でしょう。

黙って風呂に入れられる赤ちゃんの気持ちににあると、お風呂が無言の恐怖の時間になってしまいます。

こども園に通園する子供には、その日楽しかったことや印象に残ったことなどを話すると楽しく過ごせると思います。

藤ととちゃんは「今日は忙しかったよ」とか「患者さんが風邪ひいて熱出たんだよ」とか話します(笑)

翌日も一緒にいる時間があれば、翌日のおやつを何にするかって話もしますね(笑)

会話も弾むおすすめお風呂グッツはコレ!

子供と会話で盛り上がるのもとっても楽しいですが、何かしら楽しめるグッツがあればもっと楽しくなるかもしれません。

そんなときのおすすめグッツがこれです。

びっくらたまご(入浴剤)

これは大人気の入浴グッツです。

グッツというか入浴剤ですね。大人の体も癒されます。

俗にいう「バスボム」というものです。

入浴剤のなかにミニチュアが入っています。

入っているのは商品の種類によって変わりますが・・・

アンパンマンシリーズ、ディズニーシリーズ、サンリオシリーズなどなど。

なにが出てくるのか、ドキドキの時間が過ごせます。

デメリットは毎日つかうにはコスパがちょっと高いかもしれません。

また、追い炊きなどを使う家庭ではお湯を張る日に使うには気が引けるかもしれません。

子供が2人以上だと、入れるバスボムの種類でけんかになるかもしれません。

まぁ、その辺はうまく調整して楽しいバスタイムを過ごしましょう。

100円ショップで売っているスポンジカプセル

これはとてもコスパのいいおもちゃです。

100均のバスコーナーに売っている「カプセルに入った圧縮されたスポンジおもちゃ」です。

動物とか恐竜とか乗り物とかのシリーズがあります。

お風呂に入ったときに湯船に投げ入れて、しばらく放置するとカプセルが溶解して中に仕組まれたスポンジおもちゃが吸水して出現します。

これもドキドキ感があって楽しいですよ(笑)

 

子供が予想したものが出てくると超盛り上がります(笑)

あっ、ちなみにカプセルを見ただけではなにがでてくるかわかりませんよ。

毎日使っても財布にやさしい入浴グッツです。

ぜひ、親子で楽しいお風呂をお過ごしくださいね。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする