【沢山の幸せをありがとう】上の子の誕生日で嬉しさと心強さ溢れる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

今日は自分勝手な投稿です。

なんの知恵でも豆知識でもありません。

自分の家族の話です。

今日、上の子の誕生日です。

今日、上の子は5歳になりました。

誕生日、おめでとう。

最近は背ものびて、足も大きくなり靴も何度か買い替えしましたね。




ほろ苦い思い出

上の子が産まれた日、藤ととナースは夜勤の日でした。

早朝から陣痛が始まった奥様。

朝一番に職場に電話をすると「今日の用事は勤務変更できない」と言われました。

自分の初めての子ども。

立ち合い出産の話題。

勤務の都合。

正直、だれのために夜勤をするのかわからないまま出勤しました。

家族のために仕事→この状況でありえないしょ

患者のため→今は家族を優先すべきじゃないの?

非常な葛藤にココロがさまよいながら夜間勤務に向かいました。

そんな状況を悟ってか・・・




出勤後間もなく、予想外に早く産まれたことをはっきりと覚えています。

子どもってすごいなって思います。夜勤帯に入る前に無事、産まれました。

お産直後に奥様から電話が入り、かなり安心して勤務に臨めました。

夜勤明けで顔を見に行き、とっても小さいのにとっても大きな存在を抱っこしました。

退院前、黄疸が強くて予定日に退院できなかったこと。

子どものためとはわかっていても、もう子供を病院において帰らないとダメだったこと。

自分が歳とってからの子どもだったので、辛い思いをさせたと思い込みました。

数日後、光線療法で黄疸も正常値にもどり帰宅。

ベルトの固定に悩みながら付けたチャイルドシートに乗せて床上げまで帰省。

皆に愛されて、ありがたくすくすく育ちました。

夜間に突然でた熱に、違和感を感じながらもなにもできないまま病院を受診。

肺炎で緊急入院したこともあります。

ナースマンはなにをやってんだと、自分の観察力のなさに一切の自信をなくしました。




そんな親の心配も覆しすくすくと

その後は、落ち着いてすくすくと育ちます。

いろんな思い出を動画で見ていると・・・とっても時間が過ぎていました(笑)

幼児教室に通った時

幼児教室の発表会の時

アンパンマンショップに行ったとき

沖縄に行った時

奥様に下の子が宿った時

幼稚園に行き始めたとき

もう、止めどもなく沢山の出来事、イベントがありました。

まだ5歳

もう5歳

両側面の考えあると思います。

どっちにしても、藤ととちゃんが子どもに育てられた感が否めません。

親として

困ったと言える関係

一番の理解者として・・・

これからもたくさんの思い出が積み重ねれますように。

また一年、大きく成長できますように

いつか子が見れるかもしれないこのブログに、書きとどめておきたいと思います。

誕生日、おめでとう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする