不要な物は売ってみよう!リサイクルショップの買い取りは難しい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

いやー、今日の仕事も暑かった(汗)

産まれてからだいたい北国暮らしの藤ととちゃん。

決して暑さに強いわけではありません。でも、今年の暑さは特別じゃないですか?

まぁ、暑さにやられっぱなしでも仕方ないので・・・




みなさんは使わなくなった物ってどうしてます?

廃品回収? 転売サイトで売却?

転売もIT化?がすすんで、ネット上で売買される事が多いですよねー

しかーし、手っ取り早く現金化できるのはリサイクルショップに持ち込み、売却する方法だと思います。

藤ととちゃんは上記3パターン、すべて経験しています。

不用品の現金化ということに注目すると、廃品回収は利益はないですね。

不用品が最大でも無料で引き取られるというのが廃品回収ですねー

利益がでるのは転売とリサイクルショップに売却の2パターンになるでしょう。

でも、実際にどの程度の値段になるでしょうか?

いくつかの品物を例にして金額を試算してみましょう。




リサイクルショップ?転売?それぞれの利点は?

リサイクルショップの場合

~利点~

・即現金化

・自分の都合で売却できる

・店舗によっては無料で買い取りに来てくれる(出張買い取り)

~欠点~

・自分の希望を無視した買い取り価格

・査定基準が不透明

転売サイトで売却の場合

~利点~

・自分の希望の価格で転売できるかも

・マニアには高額で売れるものもある

~欠点~

・転売サイトの場合、販売手数料がかかる場合あり

・売れたら現金化できるが、いつ売れるかわからない

・大型のものは送料も考慮して販売しなくてはならない

こんなところでしょうか?

では実際に藤ととちゃんが売った物を例にしましょう・・・

売却時のレシートや画像がないので、記憶しかありませんが

なんで覚えているのかって話ですね(笑)




リサイクルショップで売却と転売の一例

売却品 ポールスミスの腕時計(クオーツタイプ)

購入は15年くらい前

購入金額 たしか30000円か35000円

程度 普段使いしていたので、外観に傷が多数あり 電池切れで不動状態

色や外見が少し違いますが、イメージに近いのがこの画像

~転売サイトの場合~

まず、自分の売りたい値段で出品できるのが転売サイトの特徴です。

なので、購入金額と同等の値段をつけることも自由です。

しかーし!! それだと買う人いません・・・

自分がほしいなって思うくらいの金額じゃないと売れないってことです。

なので、この程度だといくら位だと買いますか?

まぁ、せいぜい2000円くらいじゃないでしょうか・・・

販売手数料が10%とすると1800円が利益になります。

さらに、購入層を広げるには送料込みの値段で出すことが売れるコツ。

だってねー、自分買う時にわざわざ送料別の品物を買いますか?

概ね送料は全国対応で約450円くらい???

なので、おおむね純利益は1350円になります。

~リサイクルショップの場合~

もう、これは暗黒の世界ですよ・・・

査定基準がありますが、売却する私たちには一切明確な情報はありません。

お店にもよるでしょうし、ひょっとしたら担当の店員の目利きによって変わる可能性も大きいです。

店員さんに聞いても「商品の程度と在庫状況によって価格は変わります」と言われるかもしれません。

しかし、リサイクルショップもボランティアでありません。

商売ですから、自分たちに利益をもたらす金額で販売します。

なので、お店で予想販売価格より高く買い取られることは絶対にないです。

多少の価格変動はあっても、劇的に高額買い取りってことはないでしょう。




大体の目安はそのお店で売っている同じブランド、似た商品、似たような程度の商品価格の40~45%だといわれています。

例えば店頭価格2000円で販売していたとします。

そうすると買い取り査定額は800円から900円です・・・

悲しいかな、これが現実ですねー(汗)

30000円で買ったものが800円ですから・・・

でも、一番の利点は速攻で現金になります。

家に転がっていた使わない腕時計が800円になります。

転がっていると0円ですから、現金にかわる価値があるってすごいですよねー

不用品処分のまとめ

・廃品回収は無料以上の利益はなし

・転売は価格設定が自由だが、購入者のニーズを考慮しないと売れない

・転売は販売価格から手数料や送料を引いた額が利益となる

・リサイクルショップは即現金化できる

・リサイクルショップでの買取額は店頭販売価格の40~45%程度

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではまた次回をお楽しみに!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする