身体によさそうにみるけど実は良くない生活習慣があるんですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。




北国は日に日に雪解けが進んでいます。

たくさん路面に積もっていた雪も、解けてアスファルトの路面が出てきました。

日陰はまだまだ雪が残っていますが、大きな通りや陽のあたる道路はみるみる雪がなくなっていきます。

路面状況がよくなると、ジョギングをしている人もぽつぽつでてきます。

きっと、健康に気を使って走っている人もいるんでしょうねー

今日はそんな健康にまつわる小話を一つ。




食べ過ぎちゃったからウォーキング!それは危険!!

食べ過ぎてしまい、カロリー消費をしないとなーって思う時、だれでもあると思います。でも、急にジョギングしたりランニングしたりするのには腰が引ける・・・なら、ウォーキングでも!ってことで始める人いませんか?

ウォーキングは悪い事ではありません。
しかし!食べた後に焦ってすぐにウォーキングするのは身体にとって、ものすごく負担になるんです。

身体は食べた食べ物を消化しようと、内臓に沢山の血液を送ります。しかし、無理にウォーキングを初めてしまうと内臓に行く血液が筋肉に送られます。すると、血液が足りなくて充分に運動できない内臓では、消化不良が起こります。

食べ終わったあとに焦ってカロリーを気にしてしまいがちですが、本当は食後、ゆったりと過ごす事が大事なんですねー



週明けから忙しいから寝だめするかーは危険!!

これもみなさん経験しているんじゃないでしょか?

平日忙しかったし、今日の休みは何も予定がないから寝だめするかーってやつ。

この寝だめシステム。睡眠サイクルを乱す大きな原因となります。睡眠サイクルがみだれると、本来ぐっすりと深い睡眠が得られていたのに、過度な睡眠で眠りが浅くなってしまい、十分な睡眠休息が得られなくなります。

そんな藤ととちゃんも、夜勤前は寝てしまうんですけどねー

まぁ、夜勤自体が生活リズムが乱れに乱れる日ですから(汗)

ちなみに・・・

もちろん個人差はありますが人の理想の睡眠時間は7時間程度といわれます。これもその日の疲労度によっても変わると思うんですけどねー。

ある統計では7時間睡眠の人死亡率を1とすると、4時間以下の睡眠時間の人の死亡率は1.6倍になるそうです。じゃあ10時間以上の睡眠をとった人の死亡率は1.9倍だそうです・・・

寝る時間が多い方が死亡率が高いって・・・不思議なことは沢山あります(笑)

永眠って言いますもんねー(汗)




身体が冷えるから靴下はいて寝ようって・・・危険です!!

冷え性なのか、足先が冷えて寝れないんです・・・って人。靴下はいて寝ていませんか?

その靴下。足の血流を妨げてしまいよけいに冷えの原因になっているかもしれませんよ(汗)

分厚い靴下を履いて寝ても、表面の温度は温かい感じになりますが、身体の芯はあたたまりません。逆に血流が悪くなり、どんどん冷えているかもしれませんよ。

足先の冷えが気になるなら、簡易湯たんぽなどの保温用具を使うのか効果的かもしれません。

今日の小話はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする