奇妙なメニュー!世界的に見てとっても気持ちの悪い日本食メニュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。




みなさんは食べ歩きとか好きですか?

藤ととちゃんは大好きです。

好き嫌いもあまりなくなり、たいていのものは食べれます。

でも、最近流行のクリームチーズは苦手ですね(笑)
なんせ、牛乳飲めないので(完全な好き嫌いです)

でも、シチューは好きです(汗)

自分が苦手なメニューを食べている人がいても、藤ととちゃんはなにも思いません。

でも、普段何気なく食べている食べ物でも、世界的にみるととても気色の悪い日本の食べ物が
あります。

今日はそんな寄食メニューな小話です




ここが変だよ!日本食!!!

初級編

・生卵(生の鶏卵)

えぇーって思うでしょ?たまごかけご飯とか超美味い!!
でも、日本は衛生管理がしっかりしているから生卵が食べれるのです。


諸外国は基本的に火を通して食べます。理由は日本ほど衛生管理がしっかりしていないからです。
観光で来日した外国人は朝食バイキングにある生卵に驚くそうですよ(笑)

・いかの塩辛

これも普段、普通にあると食べると思います。


いかの塩辛っていかの内臓を発酵させたものにいかの切り身を塩漬けにしたものなんです。
諸外国の方から言わせると、腐った内臓に切り身を入れて塩を大量に混ぜ込んだやつって
感じなのかもしれません。




・刺身

これも日本独特の生食文化ですねー。


活きのいい魚が手に入る国だからこそある食文化かもしれません。
最近はすし文化が外国人にも根付いたので、それほど驚かれることはなくなったそうです。

中級編

・マグロの目玉

これは日本人でも食べない人がいたり、地域によっては食べないところもあるでしょう。
ゼラチン質が豊富でぷりぷりした食感がたまらないそうです。
さすがにこれは生食ではなく、「かま焼き」という頭まるごと焼きでいただきます。

ほほのお肉はとっても美味しいですよねー
でも、一匹で2コしか取れない稀少部位ですよねー

・納豆

発酵食品の代表。国内でもだめな人はまったくだめ。好きな人は毎日食べれる納豆。
独特な粘りとにおいが嗜好をわけます。
藤ととちゃんは大好きです(笑)




・あんこう

これも外国の方からみたら、非常にグロテスクらしいです。
おいしいですけどね(笑)
なべとか最高です!!

上級編

・活き造り

これはやばいです。なんせこれから食べるものが実は目の前で動いている・・・
外国の方からみると、非常に野蛮な食べ方だそうです。

・踊り食い

これも「活き造り」と同じ理由。
活きたまま食べるって信じられないそうです。
踊り食いに関しては、苦手な人も多いでしょう・・・
ちなみに、藤ととちゃんは食べれなくはないけど、口の中でピチピチしてる感じが・・・




超絶級編

・白子

外国の方にしたら、もう想像外だそうです。そもそも食べ物って概念ではないそうです。
たちポン、たちの天ぷら、白子焼き・・・日本人でも苦手な人多いですよねー
ちなみに白子はマダラかスケソウダラの白子が食用として有名ですね。


でも、白子⇒精巣ですからねー。

いかがでしたか?

日本人でも苦手って食べ物もありますが、白子は外国では、100%近く除外される食物ですね。

今日の小話はここまで。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする