【好きがわからない】人としての好きと恋愛感情の好きの違いって?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

皆さん、恋愛していますか?

誰かを好きって思うことを大事にしていますか?

今日は珍しく「恋」についてのココロの話をしようと思います。

恋っていったい、どうなっちゃてる状態なんでしょうか?

これはですね・・・

脳がイッっちゃってる状態ともいえます。

昔の偉人はとても美味い言葉で表現しています。

「恋は盲目」ってね。

それくらい、イッちゃってるって事なんですね。

恋をしたときに芽生える「好き」という気持ち。

この好きの種類がわからなくて、悩む世代がいます。

人としての好きと恋愛感情の好き

一体何が違うのでしょうか?




一言では表現できないアナログなココロの変化

結論から言います。

これは「実際に感じてみる」

これでしか表現できないし、理解できないと思います。

場合分けをするようなイメージで・・・

「この好きの場合はヒトとして好きで、この場合の好きは社交辞令の好きで・・・」なんてできませんよね?

社交辞令くらいはわかるか(笑)

でも、どの場合はこのパターンという考えは愚問と言えます。

ただし、恋愛の経験をした人に話をすると、なんとなく場合分けをできたような理解ができます。

しかし、人によってこの「好き」という感情のレベルの大きさや深さ、衝撃は全く違います。

常に隕石が落ちてきたような衝撃を受ける人もいれば、小石につまずく感覚で好きという感情を感じている人もいます。

説明をしようにも、言葉の大きさに変換することは難しいと思います。




ココロの底から人を好きという状況になった事がない

言葉にも言い表せない感情。

これを理解するのは経験論でしか語れないと思います。

でも、この感情をわかっているからといって、何かに優れているということでもありません。

焦って考えても、なにもわからないのです。

例えば・・・「早く結婚したい」という人がいたとします。

結婚するべき年齢を想定し、それに向かい物事をセットする。

実はそれこそ、人の感じる「好き」というココロに良くないんじゃないかって思います。

なぜか?

実際にその通りのなったひとをあまり見かけないからです(笑)

「早く結婚する」といいながらも、友人の挙式でブーケをいつまでも貰っていたり・・・

「結婚は遅くてもいい」といった人が、学校を卒後すると独身を卒業したり・・・

ほんと、よくわかりません(笑)

これは、余計な先入観や偏見を「好き」という価値観に挟まない方がいいんじゃないかということです。

素敵な人がいたらお付き合いをすればいい。

さらにものすごく素敵だとおもったら人生を共に歩めばいいと思います。

結婚する時期にこだわると、その根底の価値観が乱れるかもしれませんよ




出来ることならニュートラルな姿勢で生きる

そうです。

恋愛を判断する時こそ、「ニュートラル(中立)」が大事だと思います。

先入観があると、それが邪魔をして判断を逃してしまうことがあります。

判断基準をおかしくしてしまうんですね。

しかし、初めに書きました。

「恋は盲目」なんですよ。

ママに聞いても教えてくれない答えがあるのです(笑)

相手の事を「正しく」「客観的に」「冷静に」みれなくなるのが・・・

好きとか愛しているの感情変化だと思います。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みに来てくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする