【お得なリユース】リユースショップで更に生活を充実させよう①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ

藤ととちゃんです。

リユースショップなどに行かれる方はいますか?

利用する人、しない人、極端に二分すると思います。




リユース⇒中古品で痛んでいるってイメージがあるんじゃないでしょうか?

リユース品ですから、確かに中古品という意味もあります。

確かに使用したもの、着用したものなどたくさんの商品があります。

しかし、こんな場合をイメージすることはできませんか?

「買ったけど着てない(使ってない)」ってパターン。

俗にこれらは不要品という名前で呼ばれることがあります。

それらもリユースショップで販売されているって知っていましたか?

今回はちょっとお得なリユース店の利用をお勧めしたいと思います。




未使用不要品の代表 生活雑貨

リユース店でも、店舗の規模はさまざまです。

ここでは大型店舗(たくさんのジャンルを取り扱う店舗)をイメージしましょう。

生活雑貨で販売されている中のお得な商品は、除菌スプレーなどのパックに入っているものです。

詰め替え用のシャンプーなどもありますし、柔軟剤などの洗濯に使うものがあります。

店舗の値段のつけ方によりますが、商品の回転を大事にする店舗だとかなり安く販売されます。特売日のドラックストアにはまけるかもせれませんが、かなり安いです。

なぜかというと、ドラックストアより高い価格だと売れないからです。

入浴剤などもよく安く売られていますね。沢山の種類をちょっとずつそろえたい時には役だとと思います。

その次は文房具。特に子供が遊びに使う「自由帳」ってやつ。白紙のやつですね。

自由帳だと一冊100円しないんじゃないでしょうか?

子供たちが自由に絵などを書けるようにたくさん買ってしまうのは何を隠そう藤ととちゃんです(笑)

折り紙は数枚使用しているものが破格に売っています。もちろん未開封のものも文房具店より安く売っています。

シールとかも安く売っています。

これも文具店や雑貨店だと結構するんで、安く手に入るので助かります。

遠慮なく使えるので、子ども達も楽しく遊びますよ!




おしゃれママさん必見!ネイルアイテムも!!

これも手芸品や生活雑貨で扱われるものかもしれません。

自宅でネイルをしている方は資材・材料の入手も楽しみではないでしょうか?

しかし、スワロフスキーなどは結構なお値段します。

そこがリユースショップですと、半額以下で手に入ります。

ちょっとしたストーンだと100円しないんじゃないでしょうか?

在庫量が安定しないのがリユースショップの欠点ですが、見つけたら購入するとお得ですね。

そして、UVランプももちろん中古で売っています。

大手のリユースショップだとみちろん動作確認して、クリーニングと整備もしています。

しかし、UVランプはそんなに売れるジャンルではありません。

あったらラッキーですが、非常に安価で売っているでしょう(笑)

安く売る理由は、滞留商品を生じさせないためですね(汗)




不要品の衣類が超お得!!

リユース店だと、アパレル品を扱う店舗がほとんどだと思います。

その洋服がずらっと並ぶ棚をよく見てください。

あっ、これは子供服にもいえます。

じっくりみると、普通の洋服店に売っているように値札(タグ)がついているものがあります。

これが今回でいうお得な商品です。

わざわざタグつきのまま販売するには理由があります。

「これは未使用品ですよ・・・」という無言の説明ですね。

このタグつきは服だけでなく、ベルトやバック、靴にもいえることです。

未使用だからといって、新品と同じ値段をつけても売れるはずがありません。




他のリユース商品との価格バランスもあります。

未使用品ばかり販売する店ではないので、リユース品と同じ値段になることもあります。

この時期、アウターなどは定価6万円くらいのものは2万円以下で販売されていることもしばしばあります。

サイズが選べないのがリユースショップの欠点ですが、試着して気に入ったら迷わず購入するととってもお得に購入できます。

そして・・・

まれにブランド品の未使用品が並ぶこともあります。ベルト類なども多いです。

外箱を一度あけているものは、未使用だけど未使用とは言い切れないものになってしまいます。

なので、お得なリユース価格で販売されることになります。

買い物時期のコツは・・・

もう少し先の時期になるとブランド品が多く並ぶはずです・・・

なぜでしょうね(笑)

きっと不要なプレゼントをされる人がいるんでしょうね(笑)(笑)

いかがでしたか?




最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする