嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第8話16.6%!今期トップ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。
藤ととちゃんです

最近、暗いニュースが多いジャニーズアイドル。

やっと明るめの話題が・・・




嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第8話16.6%!今期トップ!

嵐の二宮和也(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の第8話が10日に放送されました。
平均視聴率は16・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。平均視聴率自己最高を更新。
今クールの民放連続ドラマで1位の数字を叩き出した。

これまで初回13・7%で好スタートを切ると、第2話=12・4%、第3話=12・1%、第4話=13・1%、第5話=13・4%、第6話=13・0%、第7話=13・0%と高水準で推移。

同ドラマは医師で作家の海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)が原作。
シリーズ累計150万部を超え、映画化・ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」の原点となる人気作。嫉妬渦巻く大学病院を舞台に、医学の限界や大きな権力に立ち向かう男たちの生き様を熱く描く作品。



原作もかなり面白いです!!

二宮は傲慢な性格と言動で「オペ室の悪魔」と呼ばれ、ヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を“怪演”。
新たなダークヒーローを生み出した。タイトルの「ブラックペアン」とは真っ黒なペアン(止血用鉗子)を指す。

第8話から物語は最終章に突入。第8話には原作者の海堂氏も東城大に所属する医師の1人としてエキストラ出演した。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする