禁煙外来 体験談 毎日2箱以上喫煙してた男がいかにサクッと禁煙したか?其の弐

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。




今日の小話は前回からの続きです。

今から4年ちょっと前から禁煙し、今も喫煙せず過ごしている自分。

禁煙外来に通院しはじめたときに、怒涛の禁断症状がでました・・・




あら?腹が張るぞ??

それまでどちらかというと、お腹がゆるくてビオフェルミンを愛用していた自分。

禁煙を初めて一週間と少し経ったあたりから、体に変化が起こりました。

やたらとお腹が張って、苦しい感じがしました。

毎朝、しっかり通じがあったのに、その気配すらありません。

そういえば、朝も起きて一服。コーヒー飲んで一服。

そのうちトイレに行きたくなり、トイレでスッキリ!みたいな毎日。

日常、ほぼすべての行動に付随して喫煙していたせいもあるのか?

文献にはニコチンを絶つことで起きる禁断症状に便秘があるとも書いていました。

それが現れたのか、それとも自分の生活習慣が変わったせいなのか・・・

とにかく、近年まれにみる便秘症になりました。

たまたま、家にあった緩下剤を内服し、便通を保ちました。

一回通じがあれば、どうにかなるかなぁって思って過ごしてみましたが、やはり便秘に・・・




そんな経過をたどりながら、また禁煙外来の受診日となりました。

いつもの一酸化炭素を計測し、診察を待ちます。

このころから一酸化炭素の値が下がりはじめます。というか0.1とかそんな値だったかな?

あっ、大事な事書いてなかったです(汗)

禁煙外来に通うと「禁煙手帳」というのを書きます。

それに気になる体の変化とかどれくらいタバコ吸いたいかなど書きます。

毎日書くんですよ。もちろん、その手帳には便秘の経過を書きました。

診察時、Drから「いよいよでてきたね。便秘は禁煙の証だよ!」など意味の分からないことを話した記憶があります。

それほど激しい便秘ではないので、マイルドな効き目の緩下剤を処方されました。

便秘が解消されつつ経過していた時にまた新たな禁断症状が現れました。




うっ、胸が悪い・・・

それは、何かにつけてむかむかするようになりました。

胸というか胃がむかむかする感じがひどかったです。

胃薬とかも手持ちであったので、内服してもぱっとよくなりません。

禁煙手帳と一緒にもらった禁煙のすすめみたいな小冊子にかいてありました。

禁煙することによるニコチンの禁断症状や、禁煙補助剤の副作用でおきる症状だそうです。

これも非常につらい症状でした。

なんでこんなことになるのに、禁煙したんだろうって常に考えていました。

きっと、それがニコチン依存という薬物依存の恐ろしい症状なんでしょうね・・・

しかし、我慢するにも限界がありました。定期受診より早く禁煙外来に受診しました。

症状をつたえると、Drから「禁煙の証だよ!吐き気止め出すから禁煙続けなさい」って助言。

その後、数日吐き気止めを飲むと幾分吐き気は軽減しました。




そして・・・

禁煙後一か月が過ぎたころ・・・

すっかり禁断症状もなくなり、緩下剤を飲まなくても便通が戻り、吐き気もなく過ごすことができました。

それ以降、「あー吸いたいけど今はいらないかな・・・」って感覚はありましたが、順調に禁煙生活は続きます。

便秘やら、吐き気やら、換気扇の下に無意識に行くことが嘘のようになーんにもなく経過。

その後、焼き鳥屋さんにごはんを食べに行った時も、特段喫煙欲求は感じなくすごします。

隣で煙草を吸われても、吸いたい気持ちよりにおいと煙に不快感を感じるようになりました。

外食時などは、分煙していないお店では普通に座り、分煙しているお店では禁煙席に座るようになりました。

それ以降、コンスタントに禁煙外来に通院し一酸化炭素の値を図りながら、禁煙補助剤を併用し禁煙が続きます。

この記事に記載することがないくらい、普通に過ごしていた記憶しかありません。

そして、禁煙補助剤も漸減し、約3か月の禁煙外来の通院も終了。診断基準である禁煙期間を経過したため、無事に禁煙成功者となりました。

藤ととちゃんはその後も禁煙が続いて、1年経ち、2年経ち・・・

そして4年が過ぎました。自分としてはやめたって感情より「別にいま吸わなくていいから」って感情に近いです。吸おうと思ったら吸えると思いますが、今はいらないって感じです。




禁煙成功して得したこと

・タバコ代がかからない。というかコンビニに行かなくなったので細かな出費が減った。

・白身魚の刺身がおいしいと感じるようになった。

・風邪をひいても呼吸がヒューヒューいわなくなった

・車が汚れない。服が汚れない。というか臭くない。

・火の始末が不要。

・外出先で喫煙所を探さなくていいので、焦る時間がなくなった。

・なぜかコーヒーを飲む量も回数も減った。なので缶コーヒー代が激減。

一番よかったと思うことは、煙草に全く縛られない生活を過ごせているってことです。

ほんと楽です。

よく喫煙者を邪険にする非喫煙者がいますが、私はその気持ちがわかりません。

吸いたい人はマナーを守って吸うといいと思います。

けど、吸える場所も減って、煙草代も値上がりしています。

「禁煙してみようかな」って思った人には、声を大にして言いたいです

「禁煙外来にいってみて!!」「こんなに楽な生活が送れますよ」って。

禁煙の小話はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする