【冬でも洗濯物がしっかり乾く】簡単!洗濯物が早く乾く方法!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちわ。

藤ととちゃんです。

今日の北国は、シャキッと晴れていて気分がいいです。

なんとなく体がダルいのが気になる感じですが(汗)

こう、天気がいいと洗濯物もパリッと乾きそうですね。




これからの時期、洗濯物は部屋干しが多くなりますよね?

冬だと外に乾しても乾かないイメージがありますが、そんなことはありません。

冬でも外乾し!しっかり乾いて着替えのたびに気分よく過ごせます!




物干しに乾す前にバサバサ振るべし!

洗濯物が乾く仕組みはこんな感じ

上の絵は干した衣類の断面図。
衣類に含まれた水分はだんだん表面に上がってきます(青い矢印)。表面に水分が溜まると、衣類のまわりに水蒸気の層ができるんですね。それが風に吹き飛ばされることによって衣類が乾くことなります。
乾いたら、また水分が表面に上がってきます(オレンジの矢印)。
ひたすら、コレの繰り返しで洗濯物は乾きます。少しずつ乾いていくんですね。
この工程で干す前にバサバサと振ると、そこですでに余分な水蒸気が飛びます!。なので、乾燥が早まるんですね。

引用:CHINTAI情報局より

この理由でいうと、ひたすらバサバサ振り回すと早く乾くのって話ですよね?

そうなんです!

はやく乾くんですねー(笑)でも・・・・

ずっと洗濯物をバサバサなんてできないですし、非現実的です(汗)

なので、干す前のひと手間で乾燥時間の短縮を狙いましょうってことですね。




ズボンハンガーでしっかり乾燥!!

ズボンを干すとき、普通のハンガーにたたんで乾すことが多いと思います。

しかし、それだと空気の層がうまくできず、水蒸気が効率よく発散されません。

なので、今は100円ショップで便利なグッツが売られています。

じゃーん!!

ズボンハンガー

こんな感じで使います。

ズボン全体にまんべんなく空気が通り水蒸気を発散させる感じですね。




パーカーの帽子部分もしっかり乾かそう!!

パーカーも洗濯後、ハンガーにかけて干すことが多いと思いますが・・・

あの、帽子の部分どうしてますか?

結構乾かないので、こまめに向きを変えたりしなきゃいけませんよね?

そんなときには・・・・

じゃーん!!

パーカーハンガー

こんな感じで使います。

帽子の部分を立てて、風通しを良くした感じですね。

これだと、乾きムラが少なく干せそうな感じです。




厚手のトレーナーも速乾だ!!

厚手のトレーナーもなかなか乾きませんよね・・・

先ほどのパーカーもトレーナーも普段着で使いやすいので、はやく乾くとうれしいです。

そんな速乾グッツ

じゃーん!!

速乾 ドライハンガー

これ、絶対便利です!!

このように、こちらも空気の通り道がしっかり確保できるって感じですね。

空気の通りがスムーズだと、水蒸気もじゃんじゃん放たれていくので、乾燥時間が短縮されます。

いかがでしたか?

役立ちそうですか?




今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

また読みに来てくださいね




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする