【北海道観光ふりーぱす】高速道路で快適に移動!定額料金で安心!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

今年は大型連休が近づいてきましたね。

最大で10連休ですか・・・

年休や有給を使うと、もっと連休になる方もいますね。

連休を利用して、北海道に遊びに来るかた、帰省される方・・・

沢山いると信じたい(笑)

もう少しいうと・・・

道産子のみなさん!!

連休に車を利用して地方へ観光などに出かける予定ありますか?

休日だからETC割引あるよって思う人。

まだまだ安く上がりますよ!!

「ドラ割 観光ふりーぱす」って知っていますか?

藤ととちゃんも愛用のこのシステム、ぜひ使ってほしいです!!




観光ふりーぱすって何?

ドラ割「北海道観光ふりーぱす」とは、NEXCO東日本という団体がやっているキャンペーン。

NEXCO東日本が管理する北海道内の高速道路全線が期間限定で定額料金で乗り降り自由になる商品です。

もう、得しかない(笑)

「北海道観光ふりーぱす」の対象期間は、2019年4月2日(火)から2019年11月5日(火)までです!!

プランによって、ご利用可能日が異なりますので、各プランをご確認しましょう!

ちなみに、具体的に北海道の高速道路ってどのくらいあるんでしょうか?

この道路以外にも、無料の通行区間が沢山あります。

上の地図はあくまでNEXCO東日本が管理する高速道路(有料道路)ということです。

この地図にでている区間が定額乗り放題になります。

すごいでしょ(笑)




乗り放題の定額料金はいくらですか?

この「観光ふりーぱす」には3種類あります。

その壱 週末プラン

週末、最大で3日間高速道路が乗り放題になるプランです。

公式HPはこちらをクリック!

普通車で7900円、軽自動車で6300円ですね。

既定の週末は公式HPでカレンダーが出ているので見てください!

(公式HPの週末プラン カレンダーはこれをクリック!)

どの位得かわからないですよね(汗)

通常の高速道路の料金と休日割引料金の一覧表はこちらをクリックしても見れます!

ざっくり書くと、札幌市内から函館へ高速道路を使って観光に行くとします。

ETCの休日割引を利用していく場合。

札幌市内から函館までの高速道路利用区間は・・・

札幌市内→札幌南IC→大沼公園ICまでになります。

料金は290円+4210円になるので、片道4500円ですね。

ほら、もう得でしょ?

札幌~函館間は高速道路で移動の場合、休憩しながらだと日帰りで十分観光できます。

もし一泊だとしても連続する3日間なら定額利用できるので心配なし。

往復するだけで1100円得です。

途中で乗り降りも自由なので、気になった観光スポットに遠慮なく寄れます。

長万部でカニ飯を食べたい!

ハーベスタ―八雲に寄りたい!!

苫小牧でほっきカレーを食べたい!!

全部寄れます(笑)

また、良くあるドライブコースだと・・・

札幌~旭川~富良野・美瑛~十勝川温泉も高速道路を使うとストレス少なく移動できます。




その弐 ゆったりプラン

期間内だと連続する4~6日間、定額で北海道内の高速道路を利用できます。

期間によって料金は変わりますが・・・

普通車で10500円から12500円ですね。

期間が確認できる公式HPはこちらをクリック!

このプランは週末限定ではなく利用できるのが特徴ですね。

最短で4日間ですが、帰省と観光を兼ねる移動だと、簡単にお得になります。

余談ですが、道外から観光でくる人からたまに聞く道産子が信じられない話。

朝は函館の朝市で食事、昼は富良野・美瑛を観光して、夜は札幌で楽しむ・・・

無理です!!

1日で走ろうと思うと500キロオーバーの走行ですよ(汗)

でも、ゆったりプランなら問題なく走れます(笑)

会社の接待でススキノで飲んでる人から旭川に住む私に電話。

「いま、すすきのだから飲みに来ないか?」

無理です!!

あの・・・170キロは離れています

これは無理かな(笑)

これ、ちなみに聞いた話ですが、ほんとにあった体験談です(笑)

地図だけみると、結構移動できそうなんですけどね・・・




札幌~函館の観光風景

札幌のイメージはやはりこれかな

大通り公園です。

とうきびワゴンが有名!

函館の道中にあるハーベスタ―八雲

さっきからなんで八雲オシなのかというと・・・

ここ、元KFCの試作農場だったんですよ

そして、函館。

五稜郭公園の桜は壮大ですよ!

函館山からの夜景です

ぜひ、北海道をお得に楽しんでほしいです!!

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする