【台風に注意!】災害時に意外と忘れがち・・・普段使いのあれの話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ

藤ととちゃんです。

今日も北国らしからぬ暑さにやられていますが・・・

台風の勢いも変わらずですねー。先日に続いて台風などの自然災害で発生すること。

藤ととちゃんらしく、医療系なサポートの話です。

医療と言っても、普段の生活に一般的になじんでいる治療行為です。




普段使っているからこそ注意して持っていこう

ざっくり考えると、災害時は普段じゃない非日常の場面の繰り返しになります。

となると、普段使っているものが使えなくなったり、使うのに困難な場面があります。

そうです。

普段使っていて、急に使えなくなるとこまるもの。

医薬品です。

特に糖尿病などでインスリンの自己注射をしている方は、持っていくインスリンの量だけではなく、消毒綿、自己注射用の針、保護用ばんそうこう等の準備が必要になります。

はたまた、使用した針などの廃棄物の処理が困難なこともあるでしょう。

災害被害の程度によりますが、最低でも1~2週間分のストックは必要です。

また、避難先で病院受診が可能となった場合、自分の病状を説明できるものがあると、迅速な受診が可能となります。

普段の血糖値の値、使っているインスリンの名前、使用量など。

災害時だからこそ、医療従事者が見て、確認できるものがあると対応に困ることがかなり少なくなります。

これは、ほんの一つの病名についての説明です。




世の中には、星の数ほど病名があります。

その数と同じと言っていいほど、治療法があります。

今の世の中、治療ベースは薬物治療です。薬剤が使用できてるというのが、継続したフォローの第一条件とも言えます。

もちろん、ケガなどの外傷の場合はそのケガに応じた処置が行われます。

しかし、抗生物質などの投与が必要な場合、相性の良くない薬というのがあります。

その判断をしなければいけない時、自分で自分のことを説明できる文章があるとないとでは、全く対応できるスピードが変わります。




かなり大事なあれです、あれ・・・

そうです。

なにはなくとも水が大事です。

色々な意味で水はとっても大事ですが、薬物療法を継続してするには「内服薬」をどのように内服するかです。

これ、実は製薬会社でも真剣にとりくんでいるテーマらしいです。

いかに水なしで服薬するか?

薬の数がよほど多い場合でなければ、一回の服薬に必要な水分は50ml程度です。

飲みなれているものならもっと少なくても飲めるかもしれません。

ここで水分と言ったのは、水分=水ではありません。

非常食のおかゆでも、内服に使用できます。

また、優先順位の高いものの服薬が大事です。

血圧が高い方は、血圧をコントロールする薬、不整脈のある方は、脈を正す薬・・・・

もちろん、全部が大事だというのは重々わかります。

しかし、災害時。

自分に必要なものはどんな薬なのか?かかりつけの医師の相談するのも大事だと思います。

自分の診療情報提供書を準備するのも一手だと思います。

とにかく自分で守れる命は、積極的に守れる方法を準備しておくことが大事です。

いかがでしたか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

また、読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする