【緑色の誘惑】メロンソーダってなぜどこにでも売っていないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんわ。

藤ととちゃんです。

みなさんは好きな飲み物ありますか?

お酒じゃないですよ。

車の運転があっても安心(笑)

ソフトドリンクの中で好きなものです。

藤ととちゃんは「メロンソーダ」が好きです。

あのメロンとは信じがたい味わい。

炭酸の爽快感

甘さ

とてもいい飲み物ですね(笑)

でも気軽に買えないんですよ。

どこにでも売っていないのがネックなんですよね。

そんなに人気のない飲み物でしょうか?

結構ファンがいると思うんですけどね。

しかし、飲めるお店は限られませんか?

カラオケ店、ファミレスのドリンクバー・・・

そのへんのコンビニとかに売っていないんですよね・・・

なんでしょう?

なんとなくな理由なのかなっておもったら、ちゃんと理由がありました。




市販化が難しいのはあの緑色に理由があります!

じつはあの独特の色がネックになっているそうです。

緑色系色素は.乾燥に弱いんです。

というか耐えれないといった方が正解です。

また分解も早いそうです。

その為に6ヶ月から2年程度の室温保存では色を保つことが難しいもの。

かっては、タール系色素が使われていたので簡単に作れたそうです。

このタール系色素は発がん性が問題視されました。

しかし、最近は適切な色素がなく、あったとしても何ヶ月程度で変色してしまいます。

保管管理に手間がかかります。保管期限も圧倒的に短いです。

そうなると、コストもかかります。

コストがかかる割に売れない商品とも言えます。

この為に業務用としては販売されていますが、一般の流通経路への利用は難しいらしいです。

なぜ業務用なら可能かとというと・・・

一般流通品よりも少ない単位で販売できるためです。

少なく販売するということは、その分短時間で消費されるということです。

あの緑色の退色が限りなくない状態で販売されるということになります。




あの緑色が子どもの成長に悪影響があるんじゃないか?

疑問その2

喫茶店などでは見かけるのに、市販はされなくなったのは?

市販品は子供が飲む場合が圧倒的多いですね。

まぁ、ソフトドリンクですから。

しかし、子供にはあまり濃い着色の飲料は与えたくないという親心から、市販してもあまり売れないという理由があるとかないとか・・・

真意のほどはわかりませんが(汗)




売ってないなら作ってしまえ!

これまた拍子抜けするくらい、簡単にメロンソーダは作れます。

必要な物

かき氷の時にかけるメロンのシロップ

炭酸水

以上の2点です。

メロンシロップをお好みの量を炭酸水で希釈すれば出来上がり。

おまけにアイスを乗せれば、メロンクリームソーダの出来上がりです。

ちなみに・・・

最近は地域限定なのか、自動販売機限定でメロンソーダが販売されています。

自動販売機限定ですが、気軽に購入できますね!

メロンソーダPOPの詳細ページはこれをクリック!

いかがでしたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます

また読みに来てくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする