【月のチカラ】満月が人の体調やメンタルに影響があるってホント?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんばんは。

藤ととちゃんです。

今日は十五夜。天候がいい地方では、満月がみれると思います。

十五夜と言えばウサギが餅つきってイメージになりますが・・・

そもそも月→ウサギ→餅つき? 不思議な連携ではないですか?

そのなぜは結構簡単にわかりました。

帝釈天にまつわる伝承に「月のウサギ」のお話があります。

昔、ウサギとキツネとサルの3匹が仲良く暮らしていました。
3匹は日頃から「世の為ヒトのためになるような事をしたい」と考えるような
畜生にしておくのがもったいないような連中でした。

そういう事ならと帝釈天は3匹の前に衰弱した老人の姿で現れます。
3匹は今こそ日頃の思いを形にする時と老人のために食料集めに奔走。

サルは果物や木の実を集め、キツネは川で魚を取ってきたが、これといった食料を持ち帰る事が出来なかったウサギは自ら焚き火に飛び込んでその身肉を食料として老人に捧げた。

帝釈天はウサギの行動に痛く感動し、焼け死んだウサギの姿を月に投影して永遠のものとしたそうな。

現代の感覚からすると明らかにやりすぎであり到底ウサギに同意できないが、昔は信念のためには死をも厭わずってのが賞賛される時代でもあった。

兎の横に見える影は臼で、中国では不老不死の薬の材料を手杵で打って粉にしているとされ、
日本や韓国では餅をついている姿とされてきました。

月の模様は老婆の横顔やカニ、薪を担ぐ男など文化によって様々に例えられています。

引用:yahoo!知恵袋より

こんな逸話がありますね。

月って何かと神秘的な話や、不思議なチカラ的な話になります。

本当に月にはなにか、不思議な力があるのでしょうか?




満月は月の周期のサイクルで一番パワフル!

その日によって規則性なく変換するお天気と違い、月は一定のサイクルで規則正しく満ち欠けを繰り返します。

月の新しいサイクルが始まって、次の新月を迎えるまでの周期は約29.5日。

その中間でやってくるのがちょうど満月と言われるです。

新月から徐々に満ちてきた月がついに真ん丸に満ちる特別な日。

そしてこの日を境に月はまた徐々に欠けていき、次の新月を迎えるリスタートともなります。

では、その満月という特別なタイミングは、私たち人間の体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

新月から徐々に月が満ちていく期間は、月と同じように私たちの心と体も何かを吸収し、蓄えようとする力が強く働くようになると考えられています。

その「満ちていく月」の力がピークに達するのが満月の日。体にとっては栄養や水分を体の内側に取り込む力が最も高まるタイミングと言われます。

与える行動を考えるなら満月の日がベター

同じようにトリートメントやパックをしても、しっかり髪や肌がその成分を吸収してつやつや輝いてくれる時と、期待したほどの目に見える効果がでない時がある…。

そんな経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。そんな人は、次の満月のタイミングを選んで栄養や美容成分を浸透させるケアを行ってみるといいでしょう。

きっといつもよりもしっかりと、成分を吸収してくれるはず。うまくスケジュールが調整できれば、ヘッドスパやトリートメントエステなどの予約も満月のタイミングがおすすめと言えますね。

また「与えられる」という考えからすると、体が栄養や水分を吸収しやすい、ため込みやすいという考えにもなります。

ため込むだものを消費する・・・それはダイエットですね。

ダイエット中の人は、この日は特にカロリーの高いものや脂肪・糖分の多いものは控えた方が良いと言われます。

吸収力が高まっているので、いつも以上に太りやすくなってしまうと言われているからです。

ちょっと息抜き、自分へのご褒美に甘いモノやごちそうを食べるなら満月の日は最も避けるべきタイミング。反対に、月が欠けていく「欠けていく月」の期間には体がむしろ余分なものを外に排出しようとする力が高まるそうです。

なかなか難しいですが、ちょっとご褒美の食事はこの期間を選んでみましょう。

また、体が水分を蓄えやすくなっているために、満月の日はいつもより体がむくみやすいと言えます。

満月は本来、月のエネルギーが最大にチャージされて活動的になれる日。

しかしチャージさせる効果が、体内に余分な水分までため込むとも考えられます。

水分を代謝させる効果のあるゴボウ茶やはとむぎ茶を飲んだり、リンパドレナージュで水分代謝を促したりなど、少し工夫してみると体調がリセットされると言えます。

満月がメンタル面で与える影響は?

満月の日は前向きな思考になりやすく、かつ積極的になれるといわれています。

月が満ちていく期間は、物事を前に進める、成長するための前向きな力を月が与えてくれると考えられます。

その力がピークに達するのが満月というタイミングですから、この日は他のどの日にも増してアグレッシブ、ポジティブになれるといえるでしょう。

人が集まるパーティのような場にでかける、仲間とワイワイ楽しむ、重要な仕事で成果を獲得する…など、前向きで積極的、攻めの姿勢が必要とされるシーンで最大の後押しが得られれるのが満月の日。

思い切り楽しむ、輝く、これまでやってきたことの成果を得る…といった力が働く特別なタイミングですから、ぜひその力を感じてこの日を楽しんでみるといいでしょう。

エネルギッシュに活動できる反面、疲れに注意!!

こんな前向きで充実した気分を与えてくれる満月ですが、その力を良い方向に活かすにはコントロール能力も必要。

月というのは私たちが無意識のうちにその影響力を発揮するものです。自分で気づかないところで気分が高揚しています。

知らないうちにエネルギーが消費されます。

調子に乗ってハメを外したり、過剰に消耗してしまったり…、ということもあり得ます。
なんであんなバカなことしちゃったんだろう…と後悔するようなことは誰にでもあるものですが、もしかすると、それは自分のコントロールを超えた大きな力が影響していたのかもしれません。

大切なのは、満月という力があなたにいつもと少し違う力を及ぼしているかもしれない、ということを少し意識しておくことだと言えます。

いかがでしたか?

最後までよんでいただいてありがとうございます。

また、読みにきてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする